七夕あれこれ

・天文シミュレータソフト「ステラナビゲータ」。

なかなか買うタイミングがなかったのだけれど、
今年に入ってやって手に入れた。

年代と場所を指定することで星空を再現したり、
惑星や恒星まで疑似移動してみたり、
太陽系を外から眺めてみたり、
およそ天文に関することであれば、何でもできるといっても過言ではない。

都会に住んでいると、星空なんて見ることができないけれど、
七夕の夜ぐらいは・・・とというときなどに、
手軽に楽しむことができる。

2016年7月7日23時ごろ、東京の東南東の夜空はこうなる。

ステラナビゲータ

・「こと座」「白鳥座」「わし座」あたりは有名だけれど、
上の図を見ると、その周りに結構見慣れない星座もある。

個人的なお気に入りは、織姫(こと座・ベガ)と彦星(わし座・アルタイル)の間、
ちょうど天の川の真ん中に漂うように位置している「矢座」だ。

星座の数は全天で88、
そのうち、古代ギリシャからあるのは「プトレマイオスの48星座」と呼ばれるもので、
それ以外の40個は、後世になって追加されたものである。

この「矢座」は、オリジナルの「プトレマイオスの48星座」のひとつなので、
れっきとした起源を、ギリシャ神話に持っている。

その話はこうである。

プロメテウスは火を人間に与えた罰として、
ゼウスにより磔にされ、
肝臓を鷲に喰われることになった(この鷲が「わし座」)。

痛みに耐えかねて気絶すると、
次の日には肝臓が復活し、また鷲がやってきて喰われる。

そしてまた肝臓が復活し、、、と終わりのない苦しみを繰り返していた。

それを見かねた勇者ヘラクレスが、
ヒュドラの毒を塗った矢でこの鷲を射殺し、
プロメテウスを救出した、という話。

その時の矢が、この「矢座」なのだけれど、
肝臓が次の日に復活する、というのが、

どうも二日酔いの喩なのではないかと昔から思っていて、
自分も二日酔いがつらいときは、
どこからか矢が飛んできて、鷲を射殺してはくれまいかとひそかに願うのではあるが、
なかなかそうはいってくれない。

みんな人は、彦星(わし座・アルタイル)に願い事をするのだけれど、
僕は彦星を射殺して欲しいとお願いするのである。

そして脳内では「星に願いを」が流れる。

数多いディズニー名曲の中でも、屈指の名曲。

あそこで歌われているのは「ベツレヘムの星」なので、
残念ながら七夕とは関係ない。

・「万葉集」の時代には、
「たなばた」以外にも「なぬかのよ(七日の夜)」という呼び方もあり、
人麿に、こんな和歌がある。

ひととせに 七日の夜のみ 逢ふ人の 恋も過ぎねば 夜は更けゆくも

夜はすぐに更けてゆくのに、満足に恋もできない、という、
逢瀬のはかなさを七夕に譬えたシンプルな歌なのだけれど、

「恋も過ぎねば 夜は更けゆくも」

の部分がどうもしっくりこない。

「万葉集」の原文には、

「一年邇 七夕耳 相人之 戀毛不過者 夜深徃久毛」 

とあり、第四句は「恋も過ぎずは」と読んで、
「恋することが足りないなぁ 夜は更けてゆくのに」とするのが、
ぴったりだと思うのだけれど、どうだろうか。

あまり知られていないかもしれないが、
「万葉集」の歌には、上記のような「怪しい読み方」が多くある。

「七夕耳」は「たなばたのみ」だと音数が合わないので、
「なぬかのよのみ」と読むわけだけれど、
実は本当の正解は、人麿にしか分からない。

・平安時代、七夕には神聖な行事としての相撲が行われていた。

「五色(ごしき)の短冊~♪」と歌われる五色が、
相撲の幕にも使われているのは、そこに由来している。

・日本では牽牛が川を渡って織姫に逢いに行くのだけれど、
中国では、織姫の方から牽牛に逢いに行くらしい。

国民性の違いがこんなところにもあるのか、と興味深かったのだけれど、
その後に、韓国では男女双方から逢いにいく、という話を聞いて、

こういう文化の中間形態もあるのかと、ますます興味を掻き立てられたのだが、
よく考えたら、双方で川を渡ったら、川の真ん中で出会ってしまうので、
逢引どころではなくなるのではないかと思うのだけれど、どうだろう。

ちょうど、矢座があるあたり。

・そういえば、「タマヨリヒメ」の神話では、
川の上流から丹塗矢が流れてきて、

それを拾ったタマヨリヒメが、
あんなこんなで、子供を産んだということになっていて、
矢が男性のシンボルとして描かれている。

織姫も牽牛に満足できなかったら、もしかしたら矢に浮気を・・・

なんて話は、ロマンチックじゃなくなるのでやめておこう。