diary 2016/08

・2016年8月31日(水)
南西あたりの空の低い位置、おとめ座としし座の間ぐらいの所に、
水星、木星、金星が集まっているという状況は、
迷信深いわけではない自分でも、あまり気持ちの良いものではない。
そして少し離れたところでは、火星とアンタレスという二つの赤星が接近しているのというのも、
どちらかと言えば、気味が悪い。

・2016年8月30日(火)
「役場」と「焼き場」は、ちょっと母音が異なるだけで、大違い。
どちらもそんなに好きな場所ではないけれども。

・2016年8月29日(月)
日本の熱帯化と犯罪の凶悪化との因果関係について、考える。

・2016年8月28日(日)
二日酔いなわけではないのに、楽器を弾く以外に何の気力もない、一日。

・2016年8月27日(土)
強烈な嗅覚を伴う夢というのは、どうも理解しかねる。

・2016年8月26日(金)
久々の深夜タクシー帰り。
タクシーに乗る事自体がレアになったのと、
家の周囲500m以内ぐらいしか歩いたことがないので、
ドライバーに「道順を教えてくださいね」と言われても、全く分からない。
そもそも最近は方向音痴になった気がしていて、
これは動物としてのサバイバル本能が欠如し始めた典型例。

・2016年8月25日(木)
自動券売機でSuicaだかPasmoのチャージをしたら、
「どうぞお金をお入れください」という音声が流れた。
「どうかお金をお入れください」よりはマシだけれども、
何もそんなにへりくだる必要はないと思うのだが。
機械なんだし。

・2016年8月24日(水)
最近は6時前に起きていることもあり、
これを書いていたらいつの間にか寝てた。
なので、何を書こうとしていたか忘れたし、
そもそも書くことがあったかも怪しい。

・2016年8月23日(火)
長らくテレビも新聞も遠ざけているので、世情には疎いが、
最近までオリンピックが行われていたぐらいは知っている。
でも、スポーツごときで陳腐なナショナリズムを鼓舞しようとすることが、
どうしても理解できない。
別に国同士で競う必要もないし、自分の国を応援する筋合いもない。
そこでいいことを思いついた。
そんなに国同士で争いたいのであれば、毎回クジ引きで、
応援しなくてはならない自国以外の国を強制的に決めればよいのである。
例えば、日本人はフランスを応援すべし、フランス人はキューバを応援すべし、
キューバ人はカナダを応援すべし、というように。
そうなってこそ、真の平和に近づけるのだと真面目に考える。

・2016年8月22日(月)
我が家は東京の外れの田舎なもんで、幸か不幸か周りに緑が多い。
ベランダにスズメバチが巣を作ったり、見知らぬ蝶が飛んでたり。
最近困ってるのは、セミの死骸。
夜遅く帰ってくると、大体家の前に転がっていて、
タチが悪いことには、人が近づくと息を吹き返して飛び回るのである。
あのデカい体で顔に向かって来たりすると、さすがに怖いし、
実際、腕にぶつかったときもそこそこ痛かった。
そしてこちらが離れると、また廊下で仰向けに転がる。
言葉が悪いのは重々承知だけれど、おとなしく成仏してほしい、と切に願う。
別に人の家の前で亡くなっても、セミにとって良いことなんてないのだが。

・2016年8月21日(日)
赤い色の銀行のATMにキャッシュカードをいれたら、
フリーズして出てこなくなった。
インターホンで問い合わせたら、警備員が向かって取り出すので、
1時間ほど待ってほしいという。
その前の用事が1時間短縮されたのに、ここで想定外の1時間を喰らって、
結局、差し引きゼロ。まぁ、世の中そんなもの。
とりあえず、キャッシュカードが無事戻ってきてよかった。

・2016年8月20日(土)
今日の東京は、降ったり降らなかったり、
しかも0か100かという、南国のような天気。
こういう夏仕様はキライじゃないが、
晴れたと思ってクリーニング屋にズボンを取りにいったら、
帰りにはどしゃ降りでズブ濡れになるというトホホな展開。
ズボンはしっかり守ったので、再度クリーニングに出す必要はなさそうだけれど。

・2016年8月19日(金)
乗り換え駅に着いたので、カバンを網棚から取ろうとしたら、
肩掛け紐のフックが、網棚のワイヤーをがっちりと捉えてしまっていて、
なかなか外れてくれない。
幸い乗り換えする電車が遅れており、停車時間が長かったのと、
人がほとんど乗ってこなかったので、
最後は靴を脱いで座席に上って、ようやくフックを外すことができた。
これが満員電車だったら、とんだ大恥をかくところだった。
しかし、網棚の位置って、微妙に高いよなぁ。
もっと窓を小さくして、位置を下げてくれればいいのにと思う。
お年寄りとか、絶対利用できないでしょ。

・2016年8月18日(木)
個人的に、この先一週間は、少しだけ地震警戒モード。

・2016年8月17日(水)
前を散歩していた犬の背中を、何とはなしに眺めていたら、
急に振り向かれて、思いがけず目が合ったのだが、
反射的に会釈をしてしまった自分が悲しい。

・2016年8月16日(火)
我が家で「パトロール隊」と呼ばれている家グモたちは、
夏が大好きらしく、最近では1日に2~3回目にしている。
今日も晩飯中に、天井から糸でスーッと降りてきたので、
じっと見ていたら気配を感じたのか、カンダタのように慌てて上へと戻っていく様が、
実に愛らしいのである。

・2016年8月15日(月)
週末ちょっと怠け過ぎたせいか、
今朝はびっくりするほどモチベーションがなく、足取りも重く、
でも職場についてPCを立ち上げると、
自分もリブートされるという、いつもの月曜日。
我起きぬ、いざ働かめやも。

・2016年8月14日(日)
電車の吊り革の、間隔が狭いと感じている人は多いはず。
あれは窓に体の正面を向けて掴まるものではなく、
列車の進行方向に体を斜めに向けて掴まるように設計されているのである。
立ち飲み屋のカウンターと同じ原理。

・2016年8月13日(土)
ギョーザは手間をかけすぎないやつが、旨い。

・2016年8月12日(金)
セミの死骸が目立つようになってきた。
先日の夜、近所の木陰で、断末魔のうめきのような、途絶えがちな羽音を聞いた。
大多数は、そうやって木の根元へと還っていくのであろうが、
アスファルトの上でひっくり返っているのも、結構目に付く。
あれは飛んでいる最中に力尽きて、落ちてきたものなのだろうか。
人間と同じで、昆虫の死に方・死に場所も、様々なようである。

・2016年8月11日(木)
実は木曜日が祝日というのが、ベストかもしれない。
あと一日出社すれば、今週も終わるという。
・・・おっと、すっかり弱気なサラリーマンになってる。

・2016年8月10日(水)
毎日、昼食はセブンイレブンのパンなんだけど、
本能的に毎日毎日同じパンを買ってる。
それがすごい気に入っているわけでも、
別なのを選ぶのが面倒なわけでもなく、
なんなんでしょう、これは。まさに惰性。

・2016年8月9日(火)
とある店(飲食店ではない)に、
「ペットが嫌いなお客様もいらっしゃいますので、ペットを連れての入店はご遠慮ください」
という貼り紙がしてあった。
ペットが嫌いな人のことに気を遣っていたら、
そもそもペットの散歩すらできないことになる。
それとも、散歩のことは知らないけど、
うちの店はやめてね、という「自分勝手宣言」なのか。
こういうあらぬ屁理屈をつける人間もいるから、
この店はストレートに、「うちはペットお断りだよ!」って書けばよかったものを。

・2016年8月8日(月)
「天然鯛」ならぬ、「天然鯛焼き」という店を見つけたので、
何事かと調べてみたら、
一つずつ丁寧に焼いた鯛焼きのことを、そう呼ぶのだという。
なかなかセンスのあるネーミングだと思う。

・2016年8月7日(日)
この土日は、三味線でひたすらバッハ(無伴奏チェロ組曲1番のプレリュード)を練習。
以前は、五線譜から三味線譜(文化譜)に変換していたのだけれど、
最近は、五線譜でダイレクトで三味線が弾けるようになった。
ほぼ暗譜したし、あとは弾き込み。
良い音楽は、演奏する楽器を問わないからね。
民謡、長唄、バッハ。しばらくはこの3ジャンルでいこう。

・2016年8月6日(土)
板橋区民ということもあり、板橋花火大会を鑑賞。

板橋花火大会

ゾンビ映画の「~オブ・ザ・デッド」シリーズの何作目か忘れたけど、
音に苦手なハズのゾンビたちが花火に見惚れている映像は、
ゾンビに残る人間性?のようなものを表現していた印象的なシーンだった。
あと、花火の魅力のひとつは、
平面だけではなく奥行まで使う立体的な構造だということ。
光の束が前面に浮き出てくるような演出が、
音が届く遅延とバランス的に相俟って心地よい。

・2016年8月5日(金)
先月、木星軌道への投入に成功した、NASAの探査機ジュノー。
ジュノーとは、木星(ジュピター=ゼウス)の妻の名前なので、
なんともふさわしい名前だ。
先月末には、木星の大気熱の原因は大赤斑だという説や、
今週は衛星イオの大気についての究明記事が出たわけだが、
これらはジュノーの成果ではないけれども、
木星の周りがにわかに賑やかになってきたようである。
太陽系最大の惑星である木星を調べることは、
惑星というものの理解を深める最良の方法であろう。

・2016年8月4日(木)
今日は疲れたので日記は更新しません、という日記。

・2016年8月3日(水)
少し前の、数百年前の人骨化石から、
癌に侵された跡が見つかったというニュースは、
進化というシステムの不思議さについて教えてくれている。
充分な時間の中で、なぜヒトの遺伝子は癌を追放できないでいるのか、
それとも敢えて共存の道を取ろうとしているのか、
有名人や知人が癌であることを知るたびに、
真面目に考えさせられる。
ただ少なくとも、癌ウィルスがヒト以上に狡猾であろうことは疑いない。

・2016年8月2日(火)
遂に1ドル=100円台突入。
政府とか日銀が動くたびに円高に振れる気がしていて、
もう余計な言動は慎んで欲しい、と思っている人もいるはず。
なんか「アベノミクス」とかいう言葉だけが独り歩きしているけど、
実体は無きに等しいですな。

・2016年8月1日(月)
そろそろ僕のオンボロイドも限界なので、
機種変をしたいのだけれど、
nanaco、suica、銀行、証券、LINE、Edy、楽天・・・と、
生活必需アプリを移すことを考えるだけで気が重い。
まぁでも、そもそもそんな予算があったら、他にまわすけど。