三味線消音法

夜遅くに三味線を弾きたいけれども、隣近所が気になって・・・
という人は多いはず。

我が家も23時までは楽器OKなのだが、
どうしてもそれ以降も弾きたいときがある。

そうしたときに、オススメしたい消音法のご紹介。

ただこの方法は、単独だとあまり意味がなく、
忍び駒やこぱ式忍び駒と一緒に用いると効果的な、補助的な方法だと思っていただきたい。

至極カンタンで、下の写真のように、上駒の下の部分にゴムのシートを挟み込めばOK。

三味線

通常はこの位置には「さわり」を仕込んで、
倍音が発生するようにするわけだけれども、
それを逆手にとって、音響を殺してしまおうという発想。

ちなみに僕が使っているのは、トーヨーケムと千代田ゴムが共同開発した、
DF-2400CHという、シール状のゴムシートで、
東急ハンズで購入した。

裏紙を剥がすと粘着シートになるけれども、
楽器を痛めるので、くれぐれも貼らずに、糸と棹の間に挿むだけにするようにしてください。