「トッカータ Op.7」(シューマン)

昔はシューマンという作曲家が苦手で、
例外的に好きだったピアノ協奏曲以外は、ほとんど聴かなかった。

理由としては、とにかくつかみどころがない。
甘いメロディが現れたかと思うと、急に止まったり、
あとは何と言っても、ピアノ曲が弾くのに難しすぎる!!

同年生まれのショパンとはよく比較されるけれども、
「流れるショパン」に対し、「沈み込むシューマン」とでも言おうか、

ショパンが横ならシューマンは縦、
勿論それはシューマンの音楽がポリフォニックだということもあるが、

音の密度は高いし、重いし、
ベートーヴェンとシューベルトの悪い所取りをしたかのような、

何だか愚痴が多くなってしまったが、
要は、それだけシューマンはニガテな作曲家だった。

それがここ最近、自分も歳をとったせいなのか、
段々とこの作曲家の魅力に気付き始めた(ただしピアノ曲限定)。

その理由を分析するのは、自分が老けたことを認めるようだからしたくないけれども、
端的にいえば、以前は短所だと思っていた部分が、魅力に感じるようになったのである。

中でも最近のお気に入りは、「トッカータ」(作品7)。

「スケルツォ」でも「ファンタジア」でも、あるいは「ラプソディ」でもよかったのだろうけど、
「トッカータ」と名付けたところが粋である。

実はここに、バッハを敬愛したこの作曲家の思いが込められているので、
当然ながら、曲自体もバッパっぽく、、と思うのだけれども、残念ながらそうではない。

音楽はあくまでもシューマンであって、
そこにいかに「バッハ」のエッセンスを盛り込むのか。

ここの解釈で様々な演奏が生まれてくる。

まずは、キーシン。

潔いほどに脳天気といおうか、
ただこれでは、シューマンのこの曲の面白みをまるで表現できていない。

リズムにも乗り切れていないし、何一つ褒められるところがない。

続いてリヒテル。

冒頭から重戦車の如く突進する。

こういう男性的な表現は、この曲の解釈としては間違えていないとは思うけれども、
如何せんゴツゴツしすぎで、逆にシューマンの良さを消してしまっているようで、
好きか嫌いかと言われれば、嫌い。

次は、シフラ。

技巧派のピアニストらしく、かなりのアップテンポだ。
全体的に良いのだけれど、華麗を通り過ぎて少し大袈裟かな・・。

特に調性を行き来して揺れ動く中間部を経て、最初の主題が戻ってくる部分とか、
確かにカッコイイんですけどね。

でもこの曲の魅力は、こうじゃない。

女流ピアニストも聴いてみよう。アルゲリッチ。

・・・これはもう、問題外。

これではまるでショパンで、「シューマン」も「トッカータ」もどこにもない。

そしてやはり行き着いたのは、ここだった。

ホロヴィッツとシューマンと聞くと、意外な組み合わせに思う人もいるかもしれないが、
ホロヴィッツには、ここぞというときのシューマンのレパートリーが何曲かあって、

これがまた、ショパンを弾く時とはまるで別人で、
まさにこれぞシューマン、とでも言うべき最高の演奏を聴かせてくれる。

この「トッカータ」も例外ではなく、
各声部のメロディをバランスよく響かせるし、
品と情熱に溢れた名演だと思う。

・・・と思って納得しかけていたところに、とんでもない演奏を見つけてしまった。

こんな演奏ができるのは、グールドかこのフランソワしかいないかもしれない。

シューマンがこの曲を「トッカータ」と名付けた理由は、
この演奏を聴けばすぐに分かる、まさに百聞は一聴に如かず、である。

冒頭から抑え気味のテンポで、
極力ペダルを廃し、ひとつひとつの音粒が際立つように弾く、
これぞまさに、19世紀に蘇ったバッハではなかろうか。

とまぁ、一流ピアニストの演奏に対して、
あり得ないだの問題外だのと書いてしまったが、

それも何よりこの曲の魅力のせいであって、
そしてこれだけの解釈の振れ幅を許容してくれる懐の深さも、
この曲にはある。