湯西川訪泉記

12月24・25日は、都内にいても煩わしいだけなので、
思い切って温泉へ行くことにした。

夏から激務続きで、ロクに休みも取れなかったので、ちょうどいい。

ではさて、どこへ行こうか。

関東近辺だけど、それほどメジャーじゃないところ。
気分的には、海沿いよりは、山奥がイイ。

とまぁ、「じゃらん」とにらめっこをした結果、
鬼怒川のさらに奥にある、「湯西川温泉」に決めた。

調べてみると、ここは平家の落ち武者の隠れ里だったらしく、
クリスマスに籠ってエネルギーを蓄えるには、もってこいの場所である。

北千住から東武特急「スペーシア」に乗り込み、
2時間ほど揺られて終点の鬼怒川公園駅に着く。

一つ手前の鬼怒川温泉駅は割と賑やかだったのに対し、こちらは何もなく、
列車の接続の都合上、一時間近く何もない駅のベンチで待たねばならない。

なぜかwifiもつながならくなってるし。
こんなことなら、スペーシアにあったバーカウンター車両みたいなところで、
アルコールでも注入しておくべきだった。

・・・寒い。
わけもなく駅のポスターを何度も見たり、
同じくヒマそうにしている駅員を観察してみたり。

・・・苦行のような時が過ぎ、ようやく目当ての列車がやってくる。
わずか一駅乗れば、東武鉄道の終点・新藤原に着く。

新藤原という駅名は、田舎の終点駅の名前としては、しっくりこない。
路線図を眺めても、藤原という駅があるわけではないし、

もしかしたら、「新・藤原」なのではなく、「新藤・原」なのではなかろうか、
そういえば「秋葉原」は、元の地名は「あきはばら」ではなく「あきばはら」だった、

まぁそれとはあまり関係ないけれど、などと考えながら、
ホームの向かいに待っている野岩鉄道に乗り換える。

晴れているのに、雪が舞っている。

乗ってみると、やけに人が多い。
しかもみんな若い旅行客である。

クリスマスの喧騒を避けてマイナーな場所を選んだはずだったが、
どうもそうではなかったのか。

列車は渓谷沿いを会津方面にゆっくりと進み、やがて湯西川温泉駅に着く。
さきほどの乗客の大部分もここで降りるようだ。

トンネルの中に作られたホーム。

湯西川温泉駅

ライトアップされた出口から、地上まで続く長い階段を上らなくてはならない。

湯西川温泉駅

シンプルな駅舎。

湯西川温泉駅

ここからバスに20分ほど揺られると、目的の温泉街まで着く。

バスはダム湖の周りを走る形で、眺めはなかなかのものだった。

湯西川温泉駅周辺の景色

宿はいたって普通だが、広めの和室が心地よい。

窓外の景色も閑散としていて、ようやく静かな場所に落ち着いたという感じだ。

湯西川温泉宿からの景色

温泉に入ってから、食事。
平家の隠れ里ということで、狩人料理、要するにジビエが中心で、
それを囲炉裏でいただくスタイル。

酒は竹酒を頼んだのだが、
今まで竹酒というと、冷酒のイメージがあったのだが、
今回は、先の尖った竹筒に入れ、囲炉裏で燗をしながら飲む。

囲炉裏の竹酒

翌朝はチェックアウトを済ませてから、温泉街を歩いてみる。

湯西川温泉街の風景
湯西川温泉街の風景
湯西川温泉街の風景
高房神社

朝なので人も歩いておらず、冬の空気が澄んでいて実に気持ちいい。

街道沿いの平家落人民俗資料館に入る。

資料館といっても民家をそのまま使った形で、
中は暖房も入っておらず、展示品もとりあえずそのまま置いてみた、という感じだ。

でもよくよく見ると、
こんな片田舎(失礼)にあるとは思えないような、
平安貴族が使っていたと思わしき調度品や宝物などがあり、
平家の落人が、持参して隠していたという伝説も、本当なのではと思えてくる。

それはともかく、ひとつひとつの物はかなり古く、
貴重なものであることはひと目みれば明らかなので、
もっと本格的な調査や公開をすればよいのに、、とおせっかいな気持ちになってみる。

街道をさらに奥の方へ進むと、今度は「平家の里」という施設がある。

ここは古い民家の様子を復元したもので、
深川にある江戸民俗資料館的なノリである。

平家の里
平家の里
平家の里

まぁそんなものかという程度で、特に何の感想も無かったが、
施設内のお茶屋でいただいた、地元名物の栃もちを使ったお汁粉が、
なかなか美味かったように覚えている。