diary 2017/03

2017年3月31日(金)
夏から取り組んでいたプロジェクトが、ひとまず終了。
Awayだったし、体調壊したりで、今回はわりとしんどかった。
金曜日だから土日があるからよいけれど、
これでまた次の日から別の仕事、とかだとさすがにキツイな。

2017年3月30日(木)
手元が暗いので、机で何が作業をするときは、
PCのモニターに真っ白い画面を表示させて、電灯代わりとしている。

2017年3月29日(水)
仕事を終えて、次の用事までの間、
ひたすら数学の問題を解いていたわけだけど、
懐かしい感覚というか、最適な運動をした後のような達成感が、
電子パルスとなって脳を巡った。

2017年3月28日(火)
今日は久々に停電を経験。
スーパーの会計でお金を払ったちょうどその時、真っ暗闇に。
店の明かりが復旧し、POSが再起動する間、
わずか30円のお釣りを待つために立ち尽くすという、
なかなかの珍事であった。

2017年3月27日(月)
「春眠不覚暁」とは言うけれど、
今朝なんかは逆に寒くて起きれなかった。
大きな春夏秋冬という区切りに加え、さらに微妙な寒暖の差がある状態というのは、
昔の王朝人なんかには格好のネタのはずなのだけれど、
あまりコレ!というフレーズを思い浮かばない。
実際、花見の時期というのは十分寒いはずなのだけれど、
我々の祖先は花を愛でるだけで終わってしまっているのは、
感覚が欠如していたというよりも、美意識のステレオタイプに捉われすぎていたからで、
そこを突き崩した俳諧の功績は、もっと讃えられてもよい。

2017年3月26日(日)
昨夜は、年甲斐もなく読書しながら完徹をしてしまったために、
今日は終始ぐったりモード。
週末恒例となった本探しに、雨の中お気に入りの古書店へ。

2017年3月25日(土)
加齢とともに、体内ピッチ(音高)が下がっているという感覚があって、
今日それをあらためて実感したので、きちんと書こうと思う、
というメモ。
デニーズ。シューベルトのソナタ。

2017年3月24日(金)
我々は全容を知っているから驚かないけれど、
「人はいさ 心も知らず」ときて、「ふるさとは・・」と続けるのは、
青天の霹靂というか、衝撃の転調というか、
単なる対句以上の効果を、素直に認めねばならない。

2017年3月23日(木)
案の定、トランプ政権でNASAの予算は削られたらしい。
内訳を見てみると、「DSCOVR」とか「PACE」は確かになくても良いような気がするし、
一応、中身は吟味したんだなという印象。

2017年3月22日(水)
僕の前を杖をつきながらヨロヨロと歩いていたお年寄りが、
踏切がカンカン鳴り始めた途端に、陸上選手のような勢いで走り始めた。
驚いてその回の踏切は待つことにしたわ。

2017年3月21日(火)
「狭隘(きょうあい)道路」っていう文字面と響きが、
何か妙に懐かしい気分にさせる。

2017年3月20日(月)
少し前までは、二冊の本を同時に読むことができなかった(一冊集中主義)が、
いまは頭を柔軟に保つために、敢えて二冊を同時に読むことにしている。
通勤中は文庫・新書を、家ではハードカバー本を読む。

2017年3月19日(日)
ウェンディ―ズが六本木にあった頃は、週に数回通うぐらい好きで、
その後、日本から撤退したり復帰したり、色々あったようだけど、
昨日、池袋で「ウェンディ―ズ×ファーストキッチン」みたいな店を見かけたので、
喜び勇んで入ってみた。
メニューは、ウエンディーズ用とファーストキッチン用の2種類があるようで、
当然ながら前者を選択。
嬉し涙を口一杯に溜めながら、ダブルのバーガーに齧りついたのだけれど、
味が全然違う・・・。こんなのウェンディ―ズじゃない・・。
ファーストキッチンと一緒になったことで、中途半端にJapanizeされてしまったのか。
ポテトもこれじゃない感丸出しだったし、これならバーガーキングにするわ。
そういえば昔、塾講師をやっていた頃、
中学生が小テストで、「水曜日」のことを「Wendy’z」と回答していて、
思わず丸を付けたくなったことを思い出す。
それはそうと、同業種のファーストキッチンとコラボしても何の意味もないし。
どうせなら、ケンタッキーとか吉野家とか、
お互いの良さを引き出せるような相手と組むべき。
人間関係もまた然り、と思うのであった・・・。

2017年3月18日(土)
さすがに咳が長引き過ぎで、呼吸器科へ行くことにした。
レントゲン、血液検査から始まり、初めて見る機械であれこれ検査。
結論としては、咳喘息になりかかっていて、
特に息を吐く力が弱く、肺年齢が72歳(!)という診断。
一応声楽を習っている身でもあるので、本気で治すことにした。
ホント今年は病院漬けだ。今日も薬代と合わせて1万円・・・。

2017年3月17日(金)
車掌の「間もなく渋谷、渋谷に到着です」というアナウンス。
別に珍しくもないが、近くにいた外国人が「シブヤシブヤ?*@`=^2>g{+W#3-?」というカンジで。
確かにあれは「渋谷渋谷」という「一語」に聞こえた。
そもそも同語の連呼というのは、余程の緊急でないとないことだろうし、
仮に「渋谷渋谷」という駅があったら、
「間もなく渋谷渋谷、渋谷渋谷に到着」となるのだろうか。
前から書いているけど、もう車掌は喋らなくていいのでは。
ルーチン発声は機械音に任せればいいから。

2017年3月16日(木)
さて、そろそろプチリニューアルをするか。

2017年3月15日(水)
クレイジーソルトのパッケージを何気なく眺めていたら、
「crazy」ではなく「krazy」と書かれていることに気付いた。
調べてみると、「crazy」(夢中になる)に、キッチンの「k」をくっ付けたそうな。

2017年3月14日(火)
夜になってまた咳が止まらなくなってきた。なかなかしつこい。
しかも一撃ごとに胸が痛い(肺が、、とかじゃなく、おそらく単なる筋肉痛)。
また明日病院かな・・。抗生物質も切れるし。

2017年3月13日(月)
右手の痛みがだいぶ治まったので、2週間ぶりに三味線を弾いた。
リハビリ的に三下りのメドレーと越後獅子。
サワリの感覚がなつかしい。

2017年3月12日(日)
もう10日ほど前になってしまったが、
「約40億年前の地球最古の生命由来の化石が発見された」というニュース。
もしこれが本当だったら、意義はとてつもなく大きい。
端的にいえば、まだ地球が「熱い」ときから生命が存在していたということ。
つまり、生命は想像以上に過酷な環境に耐えうるもので、
地球外生命が存在する可能性が高くなった、ともいえる。
続報に注目したい。

2017年3月11日(土)
本日は、義太夫教室のOB演奏会。
僕の演目は、「東天紅の段」(菅原伝授手習鑑)。
気管支炎は完治していないけれど、語りには影響がなかった(はず)。
終わってから咳出まくりだけれども。
素人ながら、こういう由緒正しい伝統芸を続けられる環境に感謝したい。
明日はスイッチを切り替えてチェロに集中しよう。

2017年3月10日(金)
着物は、着るより畳む方が難しい。

2017年3月9日(木)
仕事ができない人の特徴。

①自分のやり方・考え方が正しいと思い込む。

②仕事がうまくいかないのは、自分以外に原因があるのだと勘違いする。

③愚痴を言う・ネガティブになる。


(以下、繰り返し)

このループを断ち切るのはカンタンなことで、
①をあらためればよい。

そのためには普段の生活から色々な引き出しを持っておくことが重要。

2017年3月8日(水)
そういえば月が替わって定期を継続購入するのを、すっかり忘れていた。
その間、毎回チャージから引かれていたという始末。
チャージが足りなくなったから気付いたけれど、
何万円もチャージしている人とかだったら、ひと月以上気付かないんじゃないかと。
いや、普通は気付くのか。

2017年3月7日(火)
高邁なネタを欲しているukiyobanareの読者には申し訳ないが、
今日も我が体調の話。
咳が止まらず、本日も欠勤。
午後からは、ダルさや悪寒などの症状まで便乗してきた。
早く寝ても、ここぞとばかりに「むずむず現象」が登場して眠れない。
ふざけんな!俺の体!

2017年3月6日(月)
今日はもともと有給休暇を取得していたので、1日療養できた。
咳以外はもう大丈夫そうなのだけど、問題はやはり咳だよな・・。
そういえば2~3年前に三味線の演奏のときに、やはり咳が止まらないことがあって、
そのときはひたすらガマンして何とかなったけど、
今度は浄瑠璃を語るわけなので、さて。。

2017年3月5日(日)
薬のお蔭で熱は下げているものの、起きて活動できる状態ではなく、
土日ともに布団で生活。
眠っているのだか覚めているのだか分からない曖昧な状態が、
なんとなくもどかしい。

2017年3月4日(土)
朝起きて、何となくヤバイ予感がしたので、
病院行って体温測ったら38.5度。
インフルは陰性だったけど、気管支炎だそう。
病院嫌いの自分が、今年は早くも3つも違う症状で病院にかかっている。

2017年3月3日(金)
昨夜から咳が出るようになり、本番一週間前にこれはヤバイ。

2017年3月2日(木)
プリペイドカードにチャージされた金額って、
企業の経理上どういう費目で処理されているかが、気になる。
たぶんフツーに、一括で売上計上されるんだろうな。

2017年3月1日(水)
無人島に薬を3つ持って行ってよいとすれば、
ロキソンニン、ビオフェルミン、アロエ軟膏。