映画「手紙は憶えている」

映画「手紙は憶えている」

戦時中に、自分の家族を皆殺しにしたユダヤ人収容所の責任者に復讐を遂げるべく、
手掛かりが書かれた手紙を頼りに、
認知症の老人が銃を片手に立ち向かうサスペンス。

復讐すべき相手の名前は分かっていて、
それに該当する人物は4人。

4人のうち、誰が正解なのかを探るドキドキ感と、
何と言っても、主役が90歳で認知症という設定なので、
何をするにも観ている側がハラハラしてしまう。

映画的に当然ながら、3人目まではシロで、4人目が問題となるわけだが、
そこで驚愕な事実が明らかになるというのが、
この映画最大のポイント。

この最後の仕掛けについては、僕もちょっと思いつかなかった。

こういうサスペンスで認知症の老人が主役というのは、発想が斬新だし、
普通ではあり得ないような設定が可能となる。
(無意味にうろうろしてても怪しまれい、とかw)

あと細かいところでは、
主人公はピアノが弾けるのだが、それも長らく弾いておらず、

かろうじて、ユダヤ人作曲家であるメンデルスゾーンの小曲を思い出すのだが、
ラストシーン近くで、ナチスの象徴でもあるワーグナーの「トリスタン」を弾くシーンがある。

「音楽に罪はない」と語るのだが、
実はそれが、彼の記憶を蘇らせる伏線になっていたのでは、と思ったりもする。

ストーリーのテンポ感もいいし、テーマの割に重苦しくもないし、
これはなかなかの良作と判断。

適正価格(劇場換算):1,900円