つけざるカレーうどん

出勤途中に渋谷を歩いていたら、とある飲食店の入り口に、

「つけざるカレーうどん」

というポスターが貼られていた。

耳慣れない言葉だけれども、
ポスターには写真も一緒だったので、それが何なのかは理解できたのだが、

もしこの言葉を、会話の中で初めて耳にしたとしたら、
咄嗟に理解するのは難しいかったかもしれない。

というのも、「つけ」を「つける」の未然形と捉え、
「ざる」を否定の「ず」の連体形とし、
(「見ざる」「聞かざる」と同じ形)

「つけないカレーうどん」

と考えることもそれほど無理ではないからだ。

だが正しくは、「つけ」は「つける」の連用形が名詞化したもので、
そこに「ざる」という名詞をくっ付けて、
「つけざる」というひとつの言葉にしたものと思われる。
(「つけ麺」「かけそば」「もりそば」「焼きそば」と同じ)

語法的にはどちらも間違いではないが、
そもそも後者の方の「つけざる」という語は、聞いたことがない言葉だったから、
余計に気になったのかもしれない。

「つけ麺」のついでに思ったのだが、

「イケメン」

の「イケ」は「イケてる」の語幹(活用しない部分)に、
男性を表す「メン」(なぜ複数形なのかは考えないようにしよう)が付いたもので、

同様の例として、「寒空」や「うれし泣き」などがあり、
語法的には正しい語である。

最近使われる似た語に、

「推しメン」

というのがあるが、
これは「推す」の連用形が名詞化したものに、さらに名詞をくっ付けたもので、

語の構造としては「つけ麺」と同じであるが、
こちらの「メン」は「メンバー」の略であり、

敢えて同じような語を探すとすれば、
「冷やし中華」(「中華」は「中華そば」の略と考える)などが挙げられるだろうが、
なぜかこれも麺類なのは不思議。

最後に、

「イクメン」

については、「育児するメン(男)」ということで、

「イク」は動詞が名詞化したものでも語感でもなく、
語の一部を採用したもの。

これは割と新しいタイプの言葉で、
他に例を探すのが苦労するが、

「神社が好きなガール」のことを、「社ガール」と読んだりするのは、
このパターンにあたる。

とまぁ、「メン」に関する言葉のあれこれを考えてみたのだが、
こういうバラエティに富んだ現象が生じるのも、
日本語が膠着語であることに関係しており、

しかも我が国の言葉は、
漢語と西洋由来語をくっつけたり、省略語や語幹をくっつけてみたりと、
ある意味「節操のない語法」を許容している面もあるわけだが、

それを楽しいと捉えるか、けしからんと感じるかは、
人それぞれの主観であって、どちらが正しいというわけではない。