映画「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」

映画「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」

このところ多く見かける「ホームズモノ」だが、
このホームズ映画はたぶん、それらとは一線を画している。

ホームズ93歳で、「最後の事件」の解決に失敗し、
田舎で養蜂をしながら隠居生活を30年も続けているという設定。

作品中では、3つのストーリーが同時に描かれる。

1.現在の隠居生活
2.30年前の「最後の事件」の回想
3.山椒を探しに日本に行ったエピソード

ズバリ言ってしまうと、「3」が蛇足。

これって日本人俳優(真田広之)を出演させるために、
無理やり捻じ込んだ話なのではないかというぐらい、
本筋とは関係ないし、全くの無駄。

案の定、真田広之の演技がクソすぎてシラけるし。

それを除けば、映画としてはまぁまぁ面白いんじゃないかな。

イアン・マッケランの93歳のホームズの演技はかなり迫真だったし、
(逆に30年前のホームズの方がちょっと違和感あった)

養蜂(!)が、ストーリーに重要な影響を与えるという、
単純で牧歌的な発想も、キライじゃない。

緊迫感はないが、「家族で楽しめる平和なミステリー」としてはオススメできる。

適正価格(劇場換算):1,600円