映画「インビジブル・ゲスト 悪魔の証明」

 映画「インビジブル・ゲスト 悪魔の証明」

2016年のスペイン映画。

金と権力を使って、自らを無実にしようとする青年実業家と、
息子を殺された老夫婦の執拗な追跡がメインストーリーなのだけれど、

当然ながら嘘を付く奴もいれば、巧みな誘導尋問もあり、
密室トリックがあったり、アリバイ工作があったり、

観ている方も何度も欺かれる、
かなりのクオリティのサスペンス作品だ。

特にラスト近くになり、真相が次々に明らかになっていき、
そして最後の最後のドンデン返しは、

騙されることの痛快さというか、
一種のカタルシスのような気分を味わえる。

一度観終わってから、気になるシーンを何度か見直したのだけれど、
ラストシーンに向けての布石は、ところどころにちゃんと置かれていて、
役者も(些細なレベルなのだけれど)、それと分かる演技をしていて、お見事。

夫婦・親子・不倫といった人間関係もきちんと盛り込まれているし、
ストーリー展開にも無理がなく、
最後の最後までグイグイと引き込まれてしまい、
最近観たサスペンスでは出色の出来映えだろう。

劇場で見たら、間違いなくレンタルしてもう一度観ることになる。

という意味でも、適正価格は以下の通り。

適正価格:2,167円