「世界は素数でできている」(小島 寛之)

「世界は素数でできている」(小島 寛之)

素数の歴史や、素数に関する定理や公式を、
コンパクトにまとめた一冊。

説明がすごく分かり易いので、
大学受験レベルの数学知識があれば、何とか読める。

素数の世界と、ガウス平面とがリンクすると知ったとき、
数学は何て魅力的なんだろう!と心底から思った。

それ以外でも、この本で紹介されている数々の定理や、
ひいては量子物理の世界までがつながっているとは、

「世界は素数でできている」というこの本のタイトルも、
あながち大袈裟でないことが分かるだろう。

数論の入門書として最適。