「数学ガールの秘密ノート 積分を見つめて」(結城 浩)

「数学ガールの秘密ノート 積分を見つめて」(結城 浩)

ちょっと気になってた「数学ガール」シリーズ。

とりあえずは出たばかりの「積分」についてのを読んでみた。

数学をできるだけ易しく語る、

というのが、このシリーズのコンセプトなんだろうけど、

易しくといっても限度があるわけで、
特に積分ぐらいになると、極限って何?みたいな人にはそもそも理解不能だし、

そう考えると、数学初心者とういよりも、
そこそこ数学は好きで得意だった人が、

あぁ、そこってそういう意味だったのね、
と「再確認」するための本なのかも。

でもそうだとすると、
あんまり「気付き」というか、「そうだったのか!」みたいなことは、
なかった気もするのだが・・・。

もしかしたら、数学はとりあえず公式を覚えておけばいいや、
というゆとり世代(失礼)の若者たちが、

でもあれってどういうことなんだ?という「数学スイッチ」がふと入ったときに、
手にすべき本なのかもしれない、、

といろいろ考えつつ、
とりあえず自分は、このシリーズはもういいや、という結論。