「運慶 興福寺中金堂再建記念特別展」(@東京国立博物館)

秋晴れの上野公園では、「数寄フェス」(?)とやらがスタートし、
噴水の中に、寛永寺の山門(文殊楼)をモチーフとしたオブジェが登場。

寛永寺 文殊楼

台風が来たらバラバラにならないかとか、
この木材で割り箸が何膳ぐらい作れるのだろうか、などと考えながら、
正面の国立博物館へ。

平日だからゆったり鑑賞、、と思ったら甘かった!

入口には「入場まで50分待ち」の表示。
そして、行列。

東京国立博物館

この日は20時まで開館だったので大丈夫だったけれど、
通常通り17時までだったら、確実にアウトだった。

しかし50分などは、たかが3,000秒。
これから三千世界の仏様を拝みにいくのであれば、むしろちょうどいい。

さて、運慶といえば、
漱石の『夢十夜』の第六夜を思い出す。

運慶の仏像の眉や眼は、鎚と鑿とで作るのではなく、
木の中に埋まった眉や眼を、鎚と鑿とで掘り出すのだ、

という表現ほど、運慶の作品を適確に評したものはないだろう。

力強さと優しさと、
要するに人間の持つあらゆる表情に加え、

人生のその先を見たものだけが辿り着く境地における姿を、
完璧なる線と面で表現しているさまは、

まさに人の手によって作られたのではなく、
木に宿っていた魂を、仏師が掘り出したのだと言える。

さすがは漱石先生。

ちなみに、鎚(つち)を持つのは右手、
鑿(のみ)を持つのは左手、

だから左手のことを「鑿手(のみて)」と呼ぶのであり、
「酒飲み」のことを「左利き」と呼ぶのも、そこから来ている。

酒の話などはどうでもよいので、
まずは運慶の父親の康慶の作品。

・「法相六祖坐像」

法相六祖坐像

とにかく表情がすごい。

特に上に挙げた三体は、「あぁ、こういう人いるよね」
と思えるぐらいリアルではないだろうか。

そしてこれが、世代を超えて、
運慶の息子たちの周辺グループによる作品になると、ここまで極まる。

・「重源上人像」

重源上人像

正面からみた表情は言うに及ばず、
横から見たときの、背筋のライン、頭の形、顎の角度、顔の皺、

今にも動き出しそう、などというのは陳腐な表現ではあるが、
そう言わざるを得ないぐらい真に迫っている。

そしてクライマックスは、
運慶の手になる、二体の作品。

・「無著菩薩立像・世親菩薩立像」

無著菩薩立像・世親菩薩立像

どちらも高さ2m近くある堂々としたお姿なのだが、
画像ではそれが伝わらぬゆえ、あえて御顔に寄ったものを掲載する。

左が無著さん、右が世親さん。

一見優しそうに見えて、けれどどこか悲しいような、
眼に埋められた水晶のせいもあり、
うっすらと涙を浮かべているようにすら見える。

こういう表情は誰にでもできるものではないし、
もちろんそれを表現することも、並大抵の芸術家では叶わない。

ここでもう一度、先の『夢十夜』での表現を思い出してもらえれば、
言わんとすることは分かっていただけるものと思う。

そしてこの二像の周囲に配置された四天王像。

作者不明とのことだが、
ここまでの表現ができるのは、もう運慶以外にはあり得ないと思えてくる。

・「多聞天像」

多聞天像

これも実際は2mほどなのだが、やはり迫力が伝わらない。

しかしこのポーズ、質感・量感、
これがミケランジェロよりも何百年も前に作られていたことは、
日本人として誇りにしてよいと思う。

残る三体も、優劣判じがたい傑作。

・「持国天像」「広目天像」「増長天像」

四天王立像

今度は、敢えて寄った画像を。

見る角度によって、全然表情のイメージが変わってくるので、
鑑賞する機会があれば、是非全方向からじっくりと見ていただきたい。

興奮状態で外に出ると、
辺りはすっかり暗く、肌寒く、

昼間見た楼閣オブジェも、
いつの間にか幻想風になっていた。

寛永寺 文殊楼