約25年ぶりのピアノ

 ピアノ

ついに、我が家にも新しい家族が。

電子ピアノだけど、タッチがそれなりなら、特に問題はない。

大学入試の直前まで、ピアノは習っていて、

平均律の第一巻も終えたし、

「皇帝」「幻想即興曲」「イタリア協奏曲」「ラ・カンパネラ」

あたりも弾いていたので、腕にはそこそこ自信はあったのだが、
なにせ、約25年ぶりである。

またピアノを弾こうと思ったのも、とにかくバッハが弾きたいからで、
なので、リハビリもバッハ以外はあり得ないと思い、
「フランス組曲」をセレクト。

2番か3番かで迷ったのだけれど、
3番の方は、第1曲のアルマンドが2声なので、こっちにした。

3声と4声だとあまり変わらないけど、
2声と3声だとやはり随分違う。

ここ数日アルマンドを弾いてみたけど、
手応えとしては、まずまず。

思っていたほどのブランクは感じない。

いまの僕は、ショパンもベートーヴェンも興味がないので、
とにかく年内にこの3番を仕上げて、
来年からは、本命である「パルティータ」と「トッカータ」に進みたい。