diary 2017/12

2017年12月15日(金)
歳を重ねるにつれて、
年末年始の浮足立った感覚というのは薄れてゆくもんだな。
自分が変わったのか、世の中が変わったのか。
春やむかしの春ならぬ。

2017年12月14日(木)
ここ最近、新宿は自分の生活圏から離れていたのだが、
今日久々に歩くことになり、ついつい紀伊國屋へ。
新刊コーナーに足を運ぶと、パッと見、欲しい本が7~8冊はあるではないか。
うーーん、こないだ丸善でまとめ買いしたときには、こんなんなかったぞ、、
と思いながら、さすがに全部は無理なので厳選2冊のみお買い上げ。
今月はもう本屋に近寄らないようにしなくては。

2017年12月13日(水)
あまりに読書に夢中になりすぎると、
物事を考える時間が減り、書くことが何もなくなる。
インプットとアウトプットのバランスに気を付けよう。

2017年12月12日(火)
仕事に疲れて若干帰宅が遅くなった日でも、
近所の学習塾にまだたくさん自転車が残されているのをみると、
日本の未来も捨てたものではないな、と思えてくる。
だから、こういう子たちを犠牲にする戦争だけは、絶対いかん。

2017年12月11日(月)
①「寒いから冬である」のか、②「冬であるから寒い」のか、
という単純な問いかけは、一見明らかに②が正しいように思うけれど、
考えてみれば、「寒いこと」は「冬であること」の必要条件でも十分条件でもない。
よって、①も②も正しくない。
こういう直感に反した誤判断が、日常にゴロゴロしていそうで怖い。

2017年12月10日(日)
12月は何かと酒代もかかるのに、
思わず3ヵ月分(自分比)の本を買ってしまい、
自分の中では、本>酒だということを実感した。

2017年12月9日(土)
店で会計を終えたあと、店員さんが次の客に、
「お待たせいたしました」と言っているのを聞くと、
何だか自分が待たせていたのかも、いやそんなことはないわさ、
という複雑な気持ちになる。

2017年12月8日(金)
実は秘かに、数学をリタイアしようかと考えていたのだけれど、
ちょうど今日、前回の数検の結果が郵送されてきて、
もう一度奮起することにした。
自分が落ちた準1級の2次は、平均点が1.1点で合格率11%だったらしい。
ちなみに自分は1.4点。

2017年12月7日(木)
三味線には、ヴァイオリン族でいう「ポジション」の概念がない。
何故ないかというと、基本的には人差し指で取りにいくから。
要するに、ツボの分だけポジションがある。
よってそれはもはやポジションではない。

2017年12月6日(水)
なぜか急に「スペクター」が観たくなって、
夜中にツタヤに駆け込んだ。
途中まで観るつもりが、最後まで見てしまい。

2017年12月5日(火)
ウマかろうがマズかろうが、
基本的に蕎麦屋の蕎麦は割高だと思う。

2017年12月4日(月)
「ルジャンドルの定理」というと、何だか難しく聞こえるけれど、
慣れればどうということはない。
というかむしろラッキー問題になる。

2017年12月3日(日)
昨日初めて、鰤しゃぶと栃尾揚げを食べた@高田馬場。
どちらも、こんなに旨いものがあったのかと思えるほどで、
とにかく酒に合う(これが大事)。

2017年12月2日(土)
ピアノを弾く指腕の力、という意味では、
明らかに右手が衰えたような気がするのは、
左手は弦楽器でそれなりに鍛えられているせいだろうか。

2017年12月1日(金)
いまのマンションに住んで恒例になったが、
隣接の部屋からクリスマス曲を弾くのが聴こえてくると、
あぁ今年もそんな季節か、と思えてくる。