映画「ドッグ・イート・ドッグ」

 映画「ドッグ・イート・ドッグ」

“Dog eat dog”というのは慣用的表現で、
「共食い」というような意味らしいのだけれど、

マジメに英語を勉強した人にとっては、
なぜ”eat”が”eats”(三単現のs付き)にならないのか、
不思議に思われるかもしれません。

一応、元・塾講師の立場から解説すると、
ここで使われる「dog」は、複数形ではないものの、

“a”や”the”という冠詞も付いていない、
つまり「犬というものは」という一般的な説明をするものであって、

いわゆる普通名詞とは異なり、だから動詞にも”s”が付かない、
ということだ(ったような気がする)。

ちなみにもう時効だから言うけれど、
かつて自分は富裕層相手の個人指導の塾の講師で、

プロ野球某球団の現役監督の息子さんや、故・元首相のお孫さん、
某有名男性アイドル事務所のメンバーさんとかを教えたことがあるわけだが、

今から思えば、そういう子たちにこそ、

Dog eat dog

と教えてあげればよかったかな。

だがそれももう、20年以上の前の話だ。
彼らが良き大人にになっていることを願おう。

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・
おっと、危うく終わりにするところだった。
でもって、この映画の話。

一言でいえば、クソ。

しかもただのクソではなく、
道端にさりげなく落ちていて、思わず踏んでしまい、

Sh●t!

と叫びたくなるような、ハエだらけのクソだな。

ウィレム・デフォー&ニコラス・ケイジという、
お気に入りに俳優二人が出てるので観たのだけれど、
胸糞悪かっただけで、何の感想もない。

ただ一言絞り出すならば、
最近こういう映画が増えてきたのは、
アメリカ社会も相当病んできてるんじゃないの、というぐらい。

適正価格:53円(劇場換算)