「七賢 純米吟醸」

 「七賢 純米吟醸」

身延を訪れた際に、
駅前で列車待ちをしたお店で売られていたのが、これ。

山梨といえばワインでしょ、ということで、
大して美味くもないのを飲んでいたのだが、
まさかこんなに旨い日本酒があったとは。

名水あるところに、名酒あり。

「天鵞絨の味」という表現は、
飲む前は、何とまぁ大袈裟な、と思っていたのだけれども、

一口飲めば、むべなるかな、
決して誇張ではないことが分かる。

これを開ける前は、「真澄」の純米吟醸を飲んでいて、
こちらも正統な辛口淡麗、

2017年の締めは「真澄」にしようと思ったのだけれど、
直後に飲んだ相手が悪かったとしかいいようがない。

大晦日の夜ということで、
かまぼこや蕎麦、漬物などのシンプルな日本食とともに、

キレがあるのに味わい深い、「七賢」の純米吟醸を、
おいしくいただくことができた。

四合瓶の正価で1,500円そこそこなので、
コスパ的にも十分すぎる満足度。


カテゴリー: