映画「クローズド・バル」

 映画「クローズド・バル」

スペインのサスペンス映画。

バルから店外に出た二人が射殺されるという事件が起き、
店内にいた8人は外に出られなくなる。

街からも人が消えるが、TVのニュースでも報道はされず、
店内の8人の不安と疑念が高まってくる。

とある出来事をきっかけに、
8人が二派に分裂し、そこからストーリーが急展開になる。

妙に凝った設定や伏線は作らずに、シンプルな内容であるため、
非常にテンポよく、飽きずに観られる。

一言でいえば、
密室のドキドキ感と、かくれんぼ的なスリルが味わえる感じかな。

敢えて種明かしはしないけれども、
事件の真相は、割とリアルで荒唐無稽な話では決してない。

登場人物の駆け引きや心理描写などもちゃんと描けているし、
美人女優、スアレス・ブランカの軽いお色気シーン(?)もあったりで、

あまり期待していなかったせいもあるけれど、
意外と掘り出し物の一作だった。

適正価格(劇場換算):1,500円