「枝分かれ」(フィリップ・ボール)

枝分かれ
おなじみフィリップ・ボールの3部作の、3作目。

「かたち」「流れ」
そして今回の「枝分かれ」と読んでみて思ったことは、

世の中にあるパターンと思われるものは、偶然の産物なのか、それとも、
そこにはなんらかの法則が働いているのか、ということ。

この3部作の中でも、残念ながら自然界すべてのパターンについて言及できているわけではないので、
結論としては、「どちらもありうる」としかいいようがない。

ただし、すべてが「たまたま」ではないことだけは確かで、
シマウマやキリンの模様にも理由があるし、
なぜ川がそのような経路で流れるのかも、おそらくはある法則に従っているはずなのだ。

しかしながら、この手の科学では、ここが弱点になるのだが、
話は帰納的な領域から脱することはできず、

シマウマやキリンが進化したらどのような柄になるのか、
昨日降った大雨が、川の流路をどのように変えるのかを、
予測することは不可能に近い。

それにしても、「枝分かれ」という概念の守備範囲は、広い。

例えば、ある高校生が、文学部に進むか、法学部に進むかを迷った挙句、
結局文学部を選んだとした場合を考えると、

彼の人生には、果たして「文学部方面」の枝しか存在しないのだろうか。

いや、そうではなくて、進学を迷った時点で、両方向の枝が生じ、
どちらか一方を選んだ時点で、もう一方は消滅するか、
それとも我々には認知できない「anather world」へ吸収されたのかもしれない。

それは波動関数という視点からは、当たり前の考え方でもある(並行宇宙)。

また、「www」(ウェブ)の世界も、ある意味は「枝分かれ」なわけで、
サイト上のどちらのハイパーリンクを踏むかによって、
我々の行動は大きく左右される。

ウェブ広告とは、まさにそのよう「枝分かれ」を利用したビジネスである。

この3部作を読んであらためて痛感したことは、
畢竟、世の中は謎だらけというとことである。

ただ謎を謎のままにして放っておくのか、
その奥にあるかもしれない摂理を探ろうとするのかは、
その人にどれだけの時間と好奇心があるのかに、よるのだろう。