「ボルゲーゼ美術館展」(@東京都美術館)

「ボルゲーゼ美術館展」(@東京都美術館)

ラファエロ 一角獣
ラファエロの”一角獣”を目当てに行ったのだけれども、正直、期待外れ。

どちらかと言えば、つまらない絵だ。

概して、ルネサンスの画を楽しもうとするには、相応の覚悟がいる。

というか、現代の日本人には理解しろという方が難しい、越え難い壁がある。

(そういう意味では、その壁をラクラク越えて”何か”を伝えてくる、レオナルドやミケランジェロというのは、
やはり偉大なんだろう。)

今回もそんな覚悟をしながら臨んだのだけれども、案の定、やられた。

だからこそ、というべきか、しかしながら、というべきか。

そんな失望の中でも、カラヴァッジョの1枚は救いだったし、自分にとっての収穫だった。

カラヴァッジョ
大胆なレイアウト、配色、陰影感、テーマ選定・・・。

優れた絵であるためには、
陳腐な遠近法も奥行きも豊かな色彩も必要ない、

ということを、この時代の画から感じ取れたということが、意外だった。

アート・芸術カテゴリの最新記事