「カポディモンテ美術館展」(@国立西洋美術館)

「カポディモンテ美術館展」(@国立西洋美術館)

カポディモンテ美術館展
「放蕩息子の帰宅」というのは、聖書中のエピソードの中でも、よく絵画化されたものの1つである。

中でもレンブラントの作品がずば抜けて有名だけれども、あの極端な陰影と表情がはっきりしない点、
そして人物を無理に構図に押し込めたようなレイアウトが、個人的にはあまり好きではない。

今回の「カポディモンテ美術館展」で出会った「放蕩息子の帰宅」は、ひと目見て好きになった。

適度な陰影、父の手を取り自らの人生を悔いる息子の表情、そしてそれを見つめる父親の慈悲に満ちた眼。

さらに、父親が少し前屈みになることで絵の左上にスペースを作り、レイアウトの単調さを防いでいるあたり、
作者不詳とはいいながら、この絵の描き手が相当な腕前を持っていたことは確かだろう。

今回は、ティツィアーノやエル・グレコの素敵な作品にも出会うことができた。
でも「放蕩息子の帰宅」のような一枚を見つけるのが、僕にとっての美術館巡りの最大の楽しみでもある。

アート・芸術カテゴリの最新記事