人のような花か、花のような人か

人のような花か、花のような人か

シーレ「ひまわり」
人と絵の話をすることなんて滅多にないが、偶々そんな話をする機会があって、
その人がシャガールが好きだというから、「僕はシャガールは怖くてみれない」と言った。

前までは僕もシャガールが好きだったのだけれど、その人と話をするほんの数日前に、
シャガールの絵は怖いな、と思ったばかりだった。不思議なタイミングである。

怖い絵といえば、シーレの人物画も負けてはいない。

シャガールがこってりとしたコニャックだとすれば、シーレはピリッとしたシングル・モルト。

ゲージュツを酒に譬えるのも申し訳ないが、そんな印象だから仕方がない。

そんなことを思いつつ、ラフロイグの10年をチビチビやりながらシーレの画集を開いてみたら、
「ひまわり」とかいう作品があるじゃないですか。

シーレって作家は、解剖図というか、削りに削った大吟醸米(また酒ですみません)のような人物しか描かないのかと思っていたら、
ひまわりなんかも描いていたのかと、軽い驚き。

「ひまわり」と言えば、あの人のアレもあるので、それと比べてあまりの違いに、二度目の驚き。

でも、このシーレのひまわりは、花じゃない。
これは間違いなく、人だ。ジャコメッティではないが、こんな人がいてもおかしくない。

花のような人なのか、人のような花なのか。

だとすると、シーレが描いている「人」は、実は「花」なのか・・・

なんだか訳が分からなくなってきた。

こんな「煙に巻かれた」気分にさせてくれるのも、絵を見る楽しさの1つであって、

それと、今の自分には、コニャックよりはシングル・モルト、シャガールはしばらくおあずけである。

アート・芸術カテゴリの最新記事