「~隅田川~江戸が愛した風景~」(@江戸東京博物館)

「~隅田川~江戸が愛した風景~」(@江戸東京博物館)

作家や美術館を冠にした展覧会が多い中で、特定のテーマを掲げた企画展というのは、開催する側にとっても骨が折れることに違いない。

今回の「すみだ川」展は、開催側の気合もひしひしと伝わってくる、すばらしい企画だと思った。

やはり江戸、そして東京は水の都
わが国の首都の歴史は、水運なくしては、語ることができない。

特に江戸の東端を南北に貫くすみだ川は、水運という経済的な面はもとより、
多くの絵画や戯作、俳諧の題材としての文化的な貢献度は計り知れない。

吾妻橋、駒形橋、両国橋、清洲橋、新大橋、永代橋、勝鬨橋、レインボーブリッジ・・・
隅田川から東京湾にかけての橋には、ひとつひとつに歴史があり、語りたいことが山ほどあるけれども、それは別の機会に譲っておこう。

つまりは、すみだ川は江戸人のアイデンティティだった、と言ってもよい。

それを、北斎、広重、栄之、豊国・・・といった名人達がどう料理するのか。僕の関心はそこにあった。

普段、何十回となく見慣れてきた広重の「江戸百景」にしても、今回のようなコンテクストがあってこそ、その魅力が増す。北斎も、然り。
少し前に”にわかファン”になった田善も、それだけ見たのでは気付かないけれど、「すみだ川シリーズ」の1つとして鑑賞してみれば、別の楽しさが見えてくる。

ところで、絵画だけではなく、「文芸におけるすみだ川」なんて企画も面白いかもしれない。
江戸の戯作から、綺堂・荷風まで。

いつかこの場を借りて、やってみようかとも思う。

~隅田川~江戸が愛した風景~

アート・芸術カテゴリの最新記事