「ウフィツィ美術館自画像コレクション」(@損保ジャパン東郷青児美術館)

「ウフィツィ美術館自画像コレクション」(@損保ジャパン東郷青児美術館)

よく、「肖像画は実際の2割増し」なんていうけれども、
自画像ともなると、4~5割増しにはなるのではないか。

僕には画家の心境は全く分からないけれど、なぜ多くの画家は自画像なんてものを描くのだろうか。
やはり一種のナルシシズムがそこにあろうことは、間違いない。

依頼主が存在する肖像画ほどではないかもしれないが、
自画像というのもやはり、「実験」や「遊び」をしづらいジャンルであろう。
だから、自画像を見れば、その画家の力量が分かる、と言ってもいい。

特に今回の展示のように、数多くの画家の作品を集めたものだと、その優劣は非常にはっきりすると思う。

数点ほど素晴らしいと思える自画像があった。
そんな中でも、大御所アングルのものは、ずば抜けていた。

個人的には、アングルという画家はそんなに好きじゃない。
体躯のratioなどに、おや?と思えるような画もいくつか、ある。

でもこの自画像はどうだろう。
欠点がないどころか、いまにも画の中から語りかけてきそうである。
細やかな筆遣い、絶妙な陰影、そしてこの表情・・・。
アングルといえば20代の頃に描いた自画像の方が有名だけれども、
地位と名声を築き上げ、貫禄と自尊心と自信の表情が入り混じったこちらの一枚の方が、断然、凄い。

アングル、恐るべし。

ウフィツィ美術館自画像コレクション

アート・芸術カテゴリの最新記事