「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」(@国立西洋美術館)

「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」(@国立西洋美術館)

レンブラント 3本の木
レンブラントといえば、劇的なまでの明暗のコントラスト。
でもそれはカラヴァッジョで十分だし、それにレンブラントの描く人物には、残念なことに魅力が乏しい。

今回の目当ては、版画。それも肖像画や宗教画のようなドラマチックな要素を必要としない風景画である。

予想通り、白と黒の濃淡だけで表現されたレンブラントの風景画(特に「3本の木」)は美しかった。

同じモノクロームでも、東洋の水墨画とは全然違う世界を見せてくれるし、
レンブラント独特の陰影表現も、油彩画ほど「くどく」は感じられない。

日本の浮世絵と違い、西洋の版画はどうしても地味な印象がある。
ゴヤもそうなのだけれども、素晴らしい版画を残していても、油彩画ほど注目されないというハンデがあるのだが、
今回の展覧会では「地味なレンブラント」が楽しめる。

アート・芸術カテゴリの最新記事