「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎 展」(@サントリー美術館)

「歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎 展」(@サントリー美術館)

歌麿・写楽の仕掛け人 その名は蔦屋重三郎 展
2010年最後の展覧会見学は、これになった。

歌麿・写楽の魅力を伝えるのではなく、蔦重とは何者か、
を伝えるのがテーマだったと思われるけど、
なんか中途半端。

こまごました作品の展示が多すぎたせいもあるけど、

興味深い主題を料理しきれなかった、企画サイドの問題だろう。

メディアとしての浮世絵の魅力に、もっと踏み込んで欲しかった。

アート・芸術カテゴリの最新記事