「ワシントン・ナショナルギャラリー展」(@国立新美術館)

「ワシントン・ナショナルギャラリー展」(@国立新美術館)

ワシントン・ナショナルギャラリ展
マネの「鉄道」は、僕が絵を好きになったきっかけを与えてくれた一枚。
だから、めちゃくちゃ忙しくて半ばあきらめていたけれども、開催終了前日に何とか鑑賞。

でもやはり、マネの作品はうまく出来すぎていて、どうも物足りないことをあらためて実感。
モネは嫌味っぽいし、ゴッホは濃すぎる。ゴーガンには奥行きが足りないし、ルノワールは軽すぎる・・・・・
そんなとき、やっぱりスゲエな、と思わせてくれるのはセザンヌ。
このサイトでも何度か書いてると思うので今更褒めるのは控えるけれども、
今回出展されたわずか数点の作品は、どれも凄い。

中でも、この「水辺にて」と「赤いチョッキの少年」は、他の作家が可哀想になるぐらいの作品だと思う。
「水辺にて」については、未完成かどうかというのが必ず話題になるけれども、そんなことはどうでもよくなるぐらいの質感で見るものに迫ってくる。

どうやら西洋絵画は、「セザンヌとそれ以外」と言ってもよいほど、この天才の存在はずば抜けているようだ。

アート・芸術カテゴリの最新記事