「ボストン美術館展 日本美術の至宝」(@東京国立博物館)

「ボストン美術館展 日本美術の至宝」(@東京国立博物館)
ボストン美術館展 日本美術の至宝

日本美術の価値というものについて、いろいろと考えさせられた展覧会ではあったが、
ネガディブなことは敢えて言うまい。

個人的な収穫は以下の通り。

・普賢延命菩薩像
・地蔵菩薩像(円慶)
・十六羅漢図(伊藤若冲)
そして、
・曾我蕭白のもろもろの屏風図

今更だが、若冲と蕭白という二人の天才がいなければ、江戸の、いや日本の美術の魅力は大きく削がれることになるだろう。

若冲は「巧すぎる」嫌いがあるのだが、蕭白の溢れ出るパッションとクリエイティビティは、何物にも代えがたい。

かつては若冲も「奇抜」と目されていた時期もあったが、今ではだいぶスタンダードになってきていると思う。
でも蕭白はいつまでたっても「奇抜」だと思うし、何度見ても、その作品の世界に引きずり込まれてしまいそうな、危険な魅力に満ちている。

江戸画家のもう1人の奇才といえば、今回の展示とは関係ないが、長沢芦雪。

蕭白の「雲龍図」を目の前にしたとき、まず思い浮かべたのが芦雪だった。
何枚もの襖に大きな動物を描くのは、むしろ芦雪の専売特許といってもいい。

だが芦雪の動物がややマンネリ気味なのに対し、蕭白の方はもっと「生々しい」。
特に「雲龍図」については、顔の左に描かれた龍の大きな手と爪が、まるで恐竜の骨格化石を見るかのような、「ケモノ感」を醸し出している。

蕭白にとって、こういう絵は決して得意ではなかっただろうと思うのだが、それでもきちんと、いや必要以上に存在感を残すところが、やはり天才の業である。

雲龍図

アート・芸術カテゴリの最新記事