「ゴヤ展」(@国立西洋美術館)

「ゴヤ展」(@国立西洋美術館)

ゴヤ展
画家、作曲家と呼ばれるすべての人物が、真の意味での芸術家であったとは限らない。

特にゴヤやモーツァルトが活躍した、ロココ華やかなりし18世紀後半から19世紀にかけては、
宮廷画家・宮廷音楽家という地位だけで、形だけの作品を生み出していった‘上辺だけの芸術家’がどれほど多かったことか。

ゴヤの作品は、たとえ素描の類であっても、ひとつひとつにただならぬ気迫がこもっている。
だから観るものの心を打つ。
時代に媚びず、地位に甘んじず、己の魂を筆にこめる。

82歳での死の間際に、「私はまだ学びたい」とつぶやいたその姿は、同じく九十近くで息を引き取る際に、「私が長生きしたらもっと良い絵が描けただろう」と言った葛飾北斎とダブる。
二人の没年は20年ほどしか離れていない。
同時期の東西に真の意味での芸術家がいたということは、単なる偶然なのだろうか。

ゴヤの魅力は、人物の表情にあると思っている。
肖像画にしても、「カプリチョス」に登場する人物にしても、ひとりひとりの表情がなんと個性的なことだろう。

今回の展示は、約120点がすべてゴヤ。
そのエネルギーを感じるには十分だった。

ただ、ゴヤの異才・奇才は、日本ではもっと評価されてもいい。

アート・芸術カテゴリの最新記事