「トゥールーズ=ロートレック展」(@三菱一号館美術館)

「トゥールーズ=ロートレック展」(@三菱一号館美術館)

トゥールーズ=ロートレック展
一時期たしかに、この画家を好きなことがあった。
だが今回、仕事に忙殺される中、クリスマス・イヴの展覧会最終日にようやく足を運んでみたものの、心を動かされない自分がそこには、いた。

なんだろう、「飽きた」といってしまえばそれまでだが、やはりロートレックには決定的にディテールが不足している。

よく浮世絵との類似点が云々されるけれども。浮世絵の魅力は実はディテールなのであり、
同じく「ポップアート」の先駆的存在であるロートレックとの大きな違いはそこにある。

ロートレックにディテールを求めることの方が間違えているのかもしれないが、観ていて物足らないのは事実。
「神は細部に宿る」とは、ジャンルを超えた真理であるのだろう。

次に僕がロートレックに戻ってくるときは、ディテールに疲れたとき、おそらく何十年後かあるいはそんなときはもう来ないかもしれない。

でも僕が絵を好きになるきっかけを作ってくれたこの画家には、感謝。

アート・芸術カテゴリの最新記事