「レオナール・フジタ展」(@Bunkamura ザ・ミュージアム)

「レオナール・フジタ展」(@Bunkamura ザ・ミュージアム)

ポーラ美術館は遠いので、レオナール・フジタの絵をまとめて観る機会がなく、
今回、やっと念願が叶った形だ。

フジタの年譜を見ると、そのアクティブさにあらためて驚く。

今よりも世界がずっと広かった時代、日本とフランスの行き来だけではなく、
北米や中南米、それと中国など、公私に渡り、世界中を飛び回っていた中で、
これだけの創作活動が出来たということに、まず感服する。

そして、東京在住時代の、彼のアトリエのあった住所を拾ってみると、
練馬、麹町、江古田、四谷左門町・・・どれも、今の僕の行動圏内で、かなり親近感が湧く。

フジタの絵と言えば、あの「乳白色の肌」をした女性画が有名であるが、
今回、僕が注目したのは、「室内」という一枚。

フジタは、立体模型まで作っていたのだから、
この「室内」に描かれた部屋のレイアウトが余程気に入っていたのだろう。

部屋を描いた著名な作品といえば、ゴッホが思い浮かぶ。
並べてみよう。

レオナール・フジタ展

右のゴッホの部屋は、有機物そのものだ。
まるで生き物のように色味を帯び、うねり、画面奥への強烈なパースで、
動的な感覚を演出している。

それに比べて、左のフジタの部屋はどうだろう。
一面のモノトーンと、無機質な陰影。

家具は存在しているものの、ゴッホの部屋のように波打ってはいない。
静かに、家主を待つ。いや、家主は永遠に不在なのかもしれない。

そこにあるのは、徹底した静寂であり、
もはや「人があっての部屋」ということさえも忘れさせる、物体としての存在である。

ゴッホの絵における、右壁の扉は、ゴーガンの部屋に通じていたといわれている。
対して、フジタの絵の正面にある扉はどうだろう。
見た感じ、扉の先は闇だ。

これが描かれた1950年、日本の美術界に失望したフジタが選んだ、孤独の道。
(その5年後、日本国籍が抹消となる)

扉の向こうの「闇」から自らを守るのが、この部屋であったのだろうか。

アート・芸術カテゴリの最新記事