「デザインのへそ―デザインの基礎体力を上げる50の仕事術」(矢野りん)

「デザインのへそ―デザインの基礎体力を上げる50の仕事術」(矢野りん)

デザインのへそ―デザインの基礎体力を上げる50の仕事術
面白い本はどこに転がっているか分からない。
だから本屋通いはやめられない。

この本も最初に手にとったときは、ポップすぎるイラストのために、
うっ、、と思ってしまったものだが、そのイラストやライトな語り口とは裏腹に、内容はかなり濃い。
つまり、著者側の作戦にまんまとハマってしまった形だけれども、それはそれでキモチイイのも、本を読む楽しみ
の1つでもある。

一言で「デザイン」といっても、そこにはプロダクトデザインやグラフィックデザイン、空間デザイン、ウェブデザインなど多くが含まれるし、
じゃあ「デザインの仕事」といったところで、デザイナーもいれば、ディレクター、PM、代理店・・・・イロイロな思惑や利権やポジション争いといった「雑多のもの」がウヨウヨしているわけで。

この本は、そんな「ウヨウヨ」した雑多なものを、ぐしゃっ、と詰め込んだものになっていて、
秩序立てて整理し、分かりやすく説明しよう、という意図は、ここにはおそらく、ない。
でもそれが、ぐちゃぐちゃになった人の頭の中を覗き込むみたいで、ものすごく面白いのだ。

内容的にかなりディテールに踏み込んでいる箇所もあるので、チンプンカンプンなところもあるけれど、
こういう本を読んで、脳味噌に対流を起こさせてみるのもよいだろう。

本・読書カテゴリの最新記事