「広告のデザイン(Pen BOOKS)」

「広告のデザイン(Pen BOOKS)」

広告のデザイン
本のタイトルは「広告のデザイン」。

今や広告はコミュニケーションツール、
つまりデザインの領域として語られるのが当たり前だけれども、
かつては(そして今も一部では)広告は一種のアートであることを教えてくれる。

パソコンがここまで進歩した現在、誰もがデザインをできるようになった。

でもこの本で紹介されているような、1950年代のデザインは、パソコンなしでの完成度。

デザイン=テクニックではないことを、痛感する。

コミュニケーション要素はもちろんだけれども、そこにはストーリーもあるし、プライドもある。媚びていない。
その意味で、やはりアートなのかもしれない。

そんな中で、意外な発見だったのが、1950年代の東ドイツの広告。
実際には商品不足で、あまりに魅力的な広告は規制されていたそうなのだが、それを差し引いても新鮮だ。

その国の文化を知りたいなら、まずは広告を見るのがよいかもしれないと思った。

本・読書カテゴリの最新記事