「『怖い絵』で人間を読む」(中野京子)

「『怖い絵』で人間を読む」(中野京子)

『怖い絵』で人間を読む
この本は、間違いなく面白い。

別に見た目が「怖い絵」を紹介しているわけじゃない。
描く側・描かれる側に潜む、宿命やら愛憎劇といった、「人間の怖さ」を絵を通じて浮き彫りにするのが、この本の主題だ。

西洋画というのは、ある時期まではほとんどが肖像画、あるいは人間を描きこんだものがメインである。
だからこそ1枚1枚の絵には、人間特有の何かしらの感情が含まれているわけで、ただ見ただけでは分からない、人間の醜さや儚さを、見事にあぶり出してくれている。

たとえば、ゴヤの『我が子を喰らうサトゥルヌス』
この絵は、絵自体も十分怖い。いわば、「ホラー画」の類である。

でも著者は、絵自体の怖さにはスポットライトを当てずに、我が子を食さずにはいられなかったサトゥルヌスの悲哀、そして何よりも作者であるゴヤの悲劇・・・それらをクローズアップさせることで、表面的ではない、味わい深い作品解説を展開していく。

さらには、ルーベンスの同テーマの作品と比較することで、複数のレイヤーにわたる鑑賞法を提示してくれるのだ。

本・読書カテゴリの最新記事