「柿本人麻呂」(北山 茂夫)

「柿本人麻呂」(北山 茂夫)

柿本人麻呂
人麻呂のようにすぐれた芸術家でありながら、その素性がほとんど分からないということになると、
あれこれと想像したくなるのは仕方ないことなのだろうか。

でもその想像が一定のレベルを超えると、それはもはや文学ではなく、
ただのフィクションになってしまう。

という意味では、この本は、文学からはみ出しそうになっているギリギリのライン。

万葉集中のアノニマスな歌まで、強引に人麻呂作だと決めつけるあたりは、ちょっといただけない。

本・読書カテゴリの最新記事