「古代オリエントの宗教」(青木 健)

「古代オリエントの宗教」(青木 健)

古代オリエントの宗教
世界の文化や思想を理解しようとするとき、

キリスト教・イスラム教・仏教のような「メインストリーム」の宗教については勿論のこと、
それらの陰で細々と伝えられた、「傍流」の宗教について知っておくことは、

役に立ちこそすれ、決して無駄になることはない。

この本では主に、マンダ教・マニ教・ゾロアスター教について解説されている。

特にマニ教については、自ら「真のキリスト教」と名乗るだけあって、
その熱さ、文学性の高さ、そして分かりやすさは、驚くべきものだった。

本・読書カテゴリの最新記事