「歌麿の世界」(渋井 清)

「歌麿の世界」(渋井 清)

北斎のように色々な逸話が残っているケースは稀で、
江戸の絵師なんてものは身分がかなり低かったため、
生前の記録のようなものはほとんど残されていない。

美人の大首絵では右にでるものはいない喜多川歌麿の、
分かる範囲での人生の軌跡と代表作をまとめたのがこの本。

北斎や写楽とも違って、ひたすらに女性を描き、その美を追求しつづけたというのは、
世界の美術史から見ても、珍しい存在かもしれない。

西洋にはヴィーナスやマリア信仰という、女性を聖なるものとする基盤があったが、
歌麿を衝き動かしたものは、なんだったろう。

もしかしたら観音様かもしれない、と、彼の描く端正な美人顔を見て、ふと思ったりする。

本・読書カテゴリの最新記事