「生命の起源をさぐる」(日本宇宙生物化学会)

「生命の起源をさぐる」(日本宇宙生物化学会)

生命の起源をさぐる
もはや科学は、地球という限られた系の中で考えるだけでは、
通用しなくなった。

目に見える、見えないにかかわらず、
地球はいつも宇宙からの影響を受けているのであり、
それは生物の進化という点でも同様だ。

この本は、天体物理学、進化学、生物学、地学、といった、
さまざまな視点から、「生命はどこから来てどこへ向かうのか」について考察するものである。

微生物の専門家は、毎日、顕微鏡を覗いているはずである。

しかし、それではもう古いのだ。

たまには夜空を見上げて、この小さな生き物たちが、
もしかしたら宇宙から飛来したもので、また、地球と同じように、
何処か別の惑星にも彼らの兄弟が住んでいるかもしれない、
と考えなくてはならない時代である。

そもそも「生物とは何か」という定義ですら、あいまいな状況にある。

また、我々の知っている生物は、コード配列が異なるだけで、
基本的には同類である。

それとは全く異なる、別タイプの生物がいないという保証は、どこにもない。

古い常識を捨てて、新しい視点で生命について考えることの大切さを、
教えてくれる一冊である。

本・読書カテゴリの最新記事