「病が語る日本史」(酒井 シヅ)

「病が語る日本史」(酒井 シヅ)

「病が語る日本史」(酒井 シヅ)

 

病気とは、得体の知れない敵である。

かつてのペストやスペイン風邪にせよ、
そして現代のエボラ出血熱やエイズにせよ、

敵は見えないところからやってきて、
しかも相手にするには厄介な場合が多い。

その感覚は、医療が未発達であった時代であれば、
なおさらだったであろう。

コレラやマラリアのような感染症なのか、
それとも脚気や糖尿病のような食事が原因なのかを問わず、

多くの病は「物の怪」の仕業とされ、
それを扱うのは医療よりも宗教の役割であった時代が長く続いたわけだけれども、

その長い「医療暗黒時代」に、果たしてどれだけの病が猛威を振るったのかについて、
歴史の授業で習うことはあまりない。

戦(いくさ)で死んだ人のことは扱うが、
病に倒れた人のことは、歴史の負の部分として埋もれてしまっている。

そんな歴史の裏側を覗いてみるには、この本はうってつけだろう。

道長、清盛、家康etc.といった歴史上の偉人たちが、
どれだけ病気に苦しみ、そしてどのように命を落としたのか、
それを知ることは、彼らが「何をしたのか」を学ぶことと同様に、興味深い。

そして、病気の歴史を知ることは、
すなわち、我々自身の健康について考えさせられるきっかけにもなる。

本・読書カテゴリの最新記事