「酒道入門」(島田 雅彦)

「酒道入門」(島田 雅彦)

「酒道入門」(島田 雅彦)

 

酒好きが書いた酒の本というのはたくさんあるが、
この本ほど五感を刺激してくれるのは、
あまりないかもしれない。

読んでいるだけで、居酒屋の雑踏の中にいる感覚になり、
酒のにおいがぷーんと漂ってくるような、

かといって上からウンチクを押し付けるわけでもなく、
簡素にして味わい深い文章。

具体的な酒の銘柄などは特に書かれていないのだけれど、
それでもここまで語れるというのは、さすがは小説家だけあって、
酒を飲まない人であっても、読んでいて楽しくなるに違いない。

もちろん、この本を片手にグラスを傾ければ、
ますます酒がおいしくなることも間違いなし。

自分もいつかは、こういう酒呑みの境地に達してみたいものである。

本・読書カテゴリの最新記事