「続 百鬼園随筆」(内田 百間)

「続 百鬼園随筆」(内田 百間)

「続 百鬼園随筆」(内田 百間)

前作の「百鬼園随筆」は売れに売れたらしく、
百間先生の借金も随分減っただろうと思われるが、
これはその続編である。

続編といっても、小説ではないから、
別にどっちが先でどっちが後でも構わないわけで、
読みたい方から読めば、それでいい。

ただ、この「続」は、なかなか一般受けはしないだろうという感じで、
すでに百間先生の文章の面白みを分かった人でなければ、
正直、退屈してしまうだろう。

内容というよりも、純粋に文章を楽しむことが目的であるというか、
百戦錬磨のこの著者の、融通無碍であるようでいて洗練された独特の文体を、
行間を含めて味わうには、もってこいの一冊ではある。

繰り返すけれど、百間ワールドにハマった人以外には、オススメはしない。

本・読書カテゴリの最新記事