「古語と現代語のあいだ」(白石 良夫)

「古語と現代語のあいだ」(白石 良夫)

「古語と現代語のあいだ」(白石 良夫)

 

副題には「ミッシングリンクを紐解く」とある。

「ミッシングリンク」という語は、一時期、考古人類学などで盛んに用いられていたもので、
「失われたつながり」、例えば、

「ホモ・ハビリスとホモ・エレクトゥスとのミッシングリンク」

のように、
AからBへのと進化を表す、「未発見の中間状態の化石」
のことを表す。

だから、「現代語と古語のミッシングリンク」といえば、

たとえば、「かなし」という語は、
古語では「かわいらしい」という意味で使われていたが、
現代語では「悲しい」という意味で用いる、
ならばその中間状態を表す用法が、いずれかの時期にあったはずであるが、
そのような適例(ミッシングリンク)を探す必要がある、

という流れになるのかな、と読前には思っていた。

けれど、違った。

そもそもこの著者は、上記の「ミッシングリンク」の使い方を間違えている。

おそらく古生物学の文献など見たこともなく、
聞きかじり状態で使ったのだろう。

矢鱈と「ミッシングリンク」を連発するのであるが、
9割方は、「勘違い」という意味で使っている。
(そのような使い方は、この著者風にいえば、本来の意味と実際の用法との「ミッシングリンク」(誤用)である。)

また、内容にしてもどうも腑に落ちないことが多い。

冒頭からの3分の1以上は、なぜか若山牧水の作品解釈に費やされるわけだが、
たとえば、牧水の有名な歌、

白鳥は哀しからずや 空の青 海の青にも 染まずただよう

の「哀し」という語について、

この歌を作ったときの牧水は恋愛の真っ最中であったから、
「哀し」は「悲しい」の意味ではなく、古語と同様「愛らしい」と解釈すべきである、

と熱弁をふるっているわけだが、
恋愛状態にあるから「悲しい」ではおかしい、というのは、
文学的センスがまるでゼロな解釈であって、
それこそ著者のいう「ミッシングリンク」(誤用)である。

そこで止めておけばよいものを、
「哀し」の主語は、白鳥なのか、作者なのか、という不毛な議論に踏み込んでいき、
さらには「哀しからずや」の「や」が疑問なのか反語なのかという、
最終的には堂々巡りにならざるを得ない展開に、自ら落ち込んでしまっている。

もしも本来の意味の「ミッシングリンク」ということをベースにして書くのであれば、
この牧水の「哀し」は、古語と現代語の両方の意味を含んだ例であり、
助詞の「や」にしても然り、という形で論を進めるべきであったろう。

それをなぜか感情的に、教科書批判のような流れにもっていこうとするから、
読んでいる方としては非情に胡散臭く感じるのである。

著者は元文部省の教科書調査官で、現在は大学教授ということだが、
頭の中にあることと、文章の書き方についての「ミッシングリンク」(誤用)を、
正された方がよいと思われる。

本・読書カテゴリの最新記事