「空間の謎・時間の謎」(内井 惣七)

「空間の謎・時間の謎」(内井 惣七)

「空間の謎・時間の謎」(内井 惣七)

 

物理を数式を使わずに語ると、
こんな風に哲学めいてきますよ、という見本のような本。

僕みたいな、おいしい所を齧っただけの物理素人には、
ニュートン力学や相対性理論はかろうじて理解できるけど、

その間を埋める、ライプニッツの思想とか、
マッハ流の関係力学となると、なかなか理解に苦しんだ。

ただ、著者自らも認めているとおり、
量子力学への言及がやや少なかったのと、

「時間の謎」とタイトルに銘打つからには、
時間にはなぜ非可逆性がなのか、という最大の謎には、
ぜひ踏み込んで欲しかった気もする。

とにかくこの本は、ライプニッツとマッハ力学。

これらのキーワードにピンときた人には、
読んでみる価値は十分にあるだろう。

本・読書カテゴリの最新記事