「感染症の世界史」(石 弘之)

「感染症の世界史」(石 弘之)

感染症の世界史

 

我々は、目に見える生物ですら全ては知らないのに、
菌やウィルスになれば、なおさらである。
地球は広い。

生物学や進化学の視点でみれば、
菌やウィルスの性質と言うのはとても興味深いのであるが、
厄介なことに、それらは我々の天敵となるものも多い。

特にウィルスについてみれば、
精密機械さながらに我々の細胞や遺伝子を狙い撃ちし、

時には脳までもコントロール、
しかも変異が早いため、ワクチンの開発が追いつかない、

という、まさに無敵な存在であり、
ヒトにとっての唯一の天敵といっても過言ではない。

この本は、結核、天然痘、HIV、エボラ出血熱、ペスト、インフルエンザなど、
「天敵」と我々との闘いの歴史を描いた本である。

中には、ヒトが完全勝利をしたものもあれば、
いまだに闘い中のもの、そして原因すらよく分かっていないものもある。

もはや人類の敵は、北の将軍様でもタコのような火星人でもなく、
「見えざる小さな奴等」だということを実感できる良書であった。

本・読書カテゴリの最新記事