「ソラリス」(スタニスワフ・レム)

「ソラリス」(スタニスワフ・レム)

ソラリス

 

タルコフスキーとソダーバーグの映画は観ていたのだけれど、原作は全然違うことを知った。

映画版の方は、人間の内面とか人間関係とか、
精神的な部分に焦点を当てていたように覚えているけれども、

原作は、そのものずばり、生命としての人間は何か、
もっといえば、生命とは何か、
というテーマに切り込んだもので、

であればこそ、系外惑星での生命体とのコンタクトという、
王道SFの形式を採ったのも納得がゆく。

作品にあらわれる「生命体」は、我々の先入観を覆すものだ。

地球では生命は海で誕生したわけだけれども、
「ソラリス」では海そのものが生命体として描かれる。

赤と青の二つの太陽のもと、さまざまな色や形に姿を変える生命としての海が、
まるで詩篇のように繊細に描写され、

その「海」に心への侵入を許した人間たちが目にする幻、
それは自分たちの鏡像であるとともに、
生命の可能性を探る、未知の生命体による実験だったともいえる。

作品中、多くの紙数を割いている「ソラリス学」についての著述は、
一見るストーリーと無関係なために読み飛ばしたくなるけれども、

実はここがこの作品の「醍醐味」だと個人的には思っていて、
物語に幅と奥行きを与える見事な演出であるし、

「ソラリス学」を通じて知るソラリスの知識と、
実際に接触することで知るソラリスの実態とが、

主人公の中で混ざり合ってゆくのも、
この作品のポイントのひとつであろう。

両監督の映画も、再度観なおしてみようと思う。

本・読書カテゴリの最新記事