アート・芸術

2/12ページ

「ランス美術館展」(@損保ジャパン日本興亜美術館)

ランスは、フランスのシャンパーニュ地方の中心都市。 そしてランスといえば、 もちろんシャンパン、ノードルダム大聖堂、そして藤田嗣治。 (ちなみに、藤田嗣治なのかレオナール・フジタなのかという、 割とデリケートな問題はあるが、 僕は専門家ではないので、ここでは敢えて気にしないで使うことにする。) 正直、あまり期待はしていなかったのだが、 観ているうちに惹き込まれていくという、なかなか味わい深い展覧会 […]

「ティツィアーノとヴェネツィア派展」(@東京都美術館)

上野公園では、早くも花見を案内する横断幕が掲げられていたが、 花の方はまだまだ咲く様子もなく。 けれど、知らぬ間に咲いて、知らぬ間に散ってゆくのが桜だから、 来週あたりには、公園の色彩も一変しているのだと思う。 とにかく人の心だけは、一足先に春になったような公園を横切り、 お馴染みの東京都美術館へ。 以前にこのブログで紹介したものもいくつかあったが、 今回あらためて注目したのは、この3作品。 ・「 […]

「オルセーのナビ派展」(@三菱一号館美術館)

オルセーでボナールの魅力を体感できたのは、自分にとって相当の衝撃だったようで、 それ以来、ボナールを観れる機会があれば、足を運ぶようにし、 そして観るたびに、新しい発見がある。 とにかく、飽きない。 とことん作品を観てみたいと思えるのは、 ボナールの他には、セザンヌぐらいである。 なので、「ナビ派」というとぱっと思いつくのはドニではあるが、 そもそもドニはそんなに好きな画家ではないし、 当然ながら […]

「ゴッホとゴーギャン展」(@東京都美術館)

企画展の場合、「何を見せるか」は勿論ではあるが、「どう見せるか」が重要となる。 特に今回の「ゴッホとゴーギャン」のような、 美術好きであれば、おそらく誰もがそのストーリーを知っているようなテーマの場合、 ヘタをすれば、作品そのものの魅力を減じてしまう可能性もある。 果たして「ゴッホとゴーギャン」という、この直球ど真ん中な企画をどう料理しているのか、 僕の興味はこの一点だった。 誰もが思いつく安易な […]

「ポンピドゥーセンター傑作展」(@東京都美術館)

思いも寄らぬ方向から、新たな発見があるというのは嬉しいものだ。 何度も見慣れてきた、東京都美術館の入り口にあるこの金属球のオブジェ。 この日、隣を通り抜けようとすると、不思議な音が聞こえてくる。 はて、と思って音のする方を見ると、子供が2人、この球を叩いているではないか。 珍しさに撮影をしている人たちはたくさんいるけれど、 叩いている人を見たことはない。 大人になってヘンな常識が身に着くと、 「作 […]

「ルノワール展」(@国立新美術館)

チケットはだいぶ前に買ってあったのだけれど、 ここのところ、休日出勤だったり色々と忙しく、 ようやく足を運ぶことができた。 というか、振り返ってみれば、 最後に美術展を鑑賞したのが、ゴールデンウィーク中の若冲展だったから、 二か月以上、絵画鑑賞を離れていたことになる。 鑑賞眼が鈍っていないか、心配なところではあったが、 そこは目に優しいルノワールでちょうどよかった。 さて、最近つくづくと考えていた […]

「生誕300年記念 若冲展」(@東京都美術館)

チケットを買うのに15分、入場するのに1時間、 午後もやや遅めの時間だったので、思ったほどは待たされなかった。 とはいえ、通常の美術展よりはだいぶ混んでいることは間違いない。 本を片手に列で待ちながら、 なぜ若冲はこれほどまでに人気なのかを、あれこれと考えた。 ・・・・・・ ・・・・・ と、考え始めたのではあったが、何やら周囲が騒々しい。 そう、僕の周りおばちゃんの集団が。 四列になって待たされて […]

「カラヴァッジョ展」(@国立西洋美術館)

まるで映画の主人公のような波乱の生涯を送り、 38歳の若さでこの世を去った、天才画家・カラヴァッジョ。 その人生もさることながら、とにかく、絵がカッコイイ。 そして、物語を背景に潜ませた人物画こそが、 この画家の真骨頂だと思うわけで、 そこにカラバッジョの代名詞ともいえる「光と闇のコントラスト」が加えられることで、 視覚的にも解釈的にも、劇的な奥行が生じてくる。 さて、今回の展示作品の中で、まず第 […]

「フェルメールとレンブラント 17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち」(@森アーツセンターギャラリー)

国立新美術館で「大原美術館展」を観た帰り、 せっかく六本木に来たので、こちらの展示にも足を運ぶことにしてみた。 そもそも、六本木という街が気マズイ。 20代~30代前半にかけて、西麻布に住んで、六本木ヒルズに勤務して、 そしてこの街に散財して・・・ そういう、あまりよろしくない思い出が多いので、 なるべくこの街には近づきたくないのである。 国立新美術館は、まだ六本木の外れではあるが、 こちらは六本 […]

「はじまり、美の饗宴 すばらしき大原美術館コレクション」(@国立新美術館)

これは美術に限らず、音楽でも文学作品でも同じなのだが、 よく知った作家の作品に触れて、 あぁ、やっぱりすごい、ここが素晴らしい、と感じることはもちろん素敵な体験なのだけれども、 今まであまり親しんでこなかった作者の作品を目の前にして、 その異質なエネルギーというか、聴きなれないメロディというか、 「新たな美」のようなものを全身で受け止めて感動してみるというのも、 それ以上に重要な体験である。 大原 […]

1 2 12