diary 2012/06

diary 2012/06

・2012年6月30日(土)
1年の前半最後の日は、暑すぎる。帰宅していなかったため、着替えをしたい。

・2012年6月29日(金)
下を向いて歩いていると、コンクリートの継ぎ目のいたるところに蟻の巣があることに気付く。
ヒトが滅んでも、彼らなら生き延びてくれそうだ。

・2012年6月28日(木)
回転寿司を食べながら、「小僧の神様」が欲しがった寿司のネタは何だったかを思い出してみる。

・2012年6月27日(水)
一言でいえば、「頑張り損」な6年間だった。

・2012年6月26日(火)
節電とか増税とか、なかなかストイックな世の中となってまいりました。

・2012年6月25日(月)
「~的」「~風」「~系」とか、名詞の末尾に付いて形容詞化する接尾辞に規則はあるのか。
「癒し系」とは言うが、「癒し風」とは言わない。「小悪魔系」とは言うが、「悪魔系」とは言わない。

・2012年6月24日(日)
服の上から蚊に刺されたときの「ヤラレタ」感。

・2012年6月23日(土)
警官に誘導されて、一列に並んで、決められた通りのセリフを叫ぶ。
「デモ」っていうか、遠足ですね。

・2012年6月22日(金)
議院内閣制とか資本主義とかって、ベターかもしれないけどベストである保証はない。
21世紀のこの時代にマッチしているのかどうか、疑問。

・2012年6月20日(水)
基本的に、世の中というものは住みづらいもので、無神経さと、おおらかさと、我慢強さのどれかを備えていなければ、とても渡っていかれまい。
さて、どうしたものか。

・2012年6月19日(火)
盆と正月ならぬ、梅雨と台風が一緒に来た。

・2012年6月18日(月)
我が事務所の窓の上には、どうも鳩の巣がある。一日のうちに、稀に聞いたことのないような不思議な鳴き方をすることもある。
こないだはカラスがやってきて、もの凄い鳴き方で威嚇しているのを耳にした。

・2012年6月17日(日)
「紙魚(シミ)」という当て字は、結構好き。本の中を泳ぎ回る魚、みたいな。
でも実際遭遇すると、つい爪の先で潰してしまう。

・2012年6月16日(土)
典型的なつゆ空。こんな天気も嫌いじゃない。

・2012年6月15日(金)
かなりの場末度だった竹ノ塚。東京の最果て。

・2012年6月14日(木)
生ビールより瓶ビールの方が、好きになった。

・2012年6月13日(水)
そろそろ決断を迫られているってことですよね。はい、分かってます。

・2012年6月12日(火)
またひとつ、不惑へ近づいた。あと2年、惑うことができる。

・2012年6月11日(月)
鳩という生き物は、自分たちが思うほど実はヒトに好かれてはいない、ということに、おそらく気付いてはいない。

・2012年6月10日(日)
Jwordの営業が強引すぎて、ドン引きした。

・2012年6月9日(土)
庖丁の「庖」とか、割烹の「烹」とか、特定の語句でしか使われない漢字は寂しいものである。
しかし、予想外に出会えたときの喜びもまた、格別である。

・2012年6月8日(金)
「今日の昼は何食べたっけ?いや、むしろ食べたっけ?」という自問自答が日課になっている。
そして結論的には、「食べた。しかも旺盛に。」となる。

・2012年6月7日(木)
今夜は久々に徹夜な予感。

・2012年6月6日(水)
1年半ぶりに、猿楽町ウォーキング。新しい店もあれば、潰れた店もあり。
でも街全体としてのエントロピーは確実に増大したように感じたのは、懐かしさゆえの錯覚か。

・2012年6月5日(火)
何事も、上るのは大儀だけれども、下るのは瞬時。

・2012年6月4日(月)
いくらなんでも、考えなきゃならないことが、多すぎる。

・2012年6月3日(日)
最近、まつ毛がよく抜ける。

・2012年6月1日(金)
雑誌の記者をしていた頃、とある企業の社長さんに言われた言葉を、今も思い出す。
「これから仕事をする上で覚えておいてほしい。どんなことがあっても、陰口と捨てゼリフだけは言ってはいけないよ。」
その後自分で、「陰口と捨てゼリフを言われても、怒ってはいけないよ。」という信条を追加した。
「言わぬが花。言われるも花。」

日記カテゴリの最新記事