diary 2018/04

diary 2018/04

・2018年4月25日(水)
同じぐらいの満員密度でも、
電車は平気だけどエレベータは耐えられないのはなぜだろう。
乗っている時間も、圧倒的に後者の方が短いのに。

・2018年4月24日(火)
毎日弾いているにもかかわらず、
今日はなぜかピアノの鍵盤が重い。

・2018年4月23日(月)
チェロは嫌でも弓の動きが目に入るけど、三味線はそうはいかないから、
撥先が糸をhitするイメージを頭に浮かべながら弾くようにしている。
撥の大きさの割に、実際使うのはほんの端っこだけなので、
コントロールが難しいのだ。

・2018年4月22日(日)
この先数日の地震に警戒、という個人的メモ。

・2018年4月21日(土)
部屋の掃除とか、クリーニング屋へ行くとか、
別に天気には関係ないのに、ここまで天気が良いとついしたくなる。
まぁやらないよりはマシか。

・2018年4月20日(金)
超短期間で当サイトのリニューアル完了。
サーバの引っ越しと、SEO周りの強化が主眼だったので、
果たしてこの見た目がベストなのかは悩ましいところ。
特に画像については不備があるので、少しずつ直そうと思う。

・2018年4月19日(木)
踏切をなくしてくれとは言わないけれど、
代わりに歩道橋をエスカレータにしてくれないだろうか。

・2018年4月18日(水)
週の真ん中なのに呑み過ぎ警報。

・2018年4月17日(火)
気温の変動のせいか、やや喘息の症状あり。
こういう日に限って浄瑠璃の稽古だったりする。
気が付けば素義会まで1ヶ月を切った。
「刃傷の段」はたぶんこれで最後なので、びしっと決めたい。

・2018年4月15日(日)
昼は山路芳久のドニゼッティを聴きながら、赤ワイン。
夜は村田諒太の初防衛戦を観ながら、赤ワイン。
一応ボクシング経験者から言わせてもらうと、ヒドイ試合だった。
思った以上に挑戦者のboxingが巧妙だったのでなかなか倒せず、
Bプランとしての八●長発動、ってカンジだったな。

・2018年4月14日(土)
急に思い立って、サーバ移設&サイトリニューアルを敢行することにした。

・2018年4月13日(金)
中途半端に数千円のワインを買うのであれば、
コンビニの数百円のワインの方が当たりが多い、、気がする。

・2018年4月12日(木)
駅のエスカレータの手すりに、「Please hold on to the handrail.」と書いてあって、
この「on to」の使い方が難しいというか、大袈裟というか、
何となく違和感を持ちながら出勤。

・2018年4月11日(水)
我がサイトがマルウェアに侵食されていたので、ひとつひとつ駆除。
諸悪の根源は、Wordpressのテーマ用footer.phpにコードが埋め込まれていたこと。
見たことある人は分かると思うけど、悪意のあるコードというのは、
葉っぱの裏に蛾の卵がみっちり産み付けられているような、
そんな見た目なの。

・2018年4月10日(火)
ほぼ同じ環境に住む似たような生物であっても、
一方に擬態が生じ、一方には生じないのは、
擬態という戦略が必然ではなく偶然の産物だということを示しているのか。

・2018年4月9日(月)
ぶっちゃけ、金曜から毎日二日酔いで、
気持ち悪いのがおさまると、また飲みたくなる。
職場に持って行ってる水筒の中身を、本気で酒にしようと思ったりしたし、
自覚があるうちにアル中になるのは避けたい。

・2018年4月8日(日)
各楽器には一長一短あって、いろいろ浮気をしてきた(している)けど、
やっぱり最後はピアノなんだよなぁ。
「持ち運べない」ということを除けば、理想的な楽器。

・2018年4月7日(土)
体重計を買ったのだけれど、
最近のは機能多すぎて設定とかめんどくさいし、
デジタル表示がいい加減な気もしていたので、
昔ながらの「針表示」のタイプにした。900円(笑)。

・2018年4月6日(金)
「リズム感」「テンポ感」という言葉はあるが、
「メロディを美しく歌わせる感性」は何と言えばよいのだろう?
カンタービレ感?違うな・・

・2018年4月5日(木)
「二刀流」というワードがやたらと目に付くけど、
彼のプレースタイルは、よく考えると、
宮本武蔵(?)的な意味での「二刀流」とはちょっと違うよね。
じゃあ何と表現するのがベストなのかは分からないが。

・2018年4月4日(水)
仕事帰りに、本屋の高校参考書コーナーに立ち寄って、
吉川弘文館の「世界史地図」を買った。
過去のある時点における東西世界の情勢というのは、
文章ではなくやはりビジュアルじゃないと頭に入ってこない。

・2018年4月3日(火)
今日は仕事もプライベートも、なんだかうまくいかない日だった。
まぁ一年のうちには、こういう日もある。

・2018年4月2日(月)
バッハの「トッカータ ハ短調」。
とりあえず最後まではいったので、もう一度最初から細かく練習。
こういう大曲は、練習のループを何度も繰り返すしかない。
そして繰り返すうちに、今まで気づかなった旋律のラインが浮かんでくる。

・2018年4月1日(日)
4月だから、、というわけではないが、
三味線の糸を三本いっぺんに張り替えた。
糸を張り替えるときと、硯で墨を摺るときの心境はどこか似ている。

日記カテゴリの最新記事