diary 2018/06

diary 2018/06

・2018年6月30日(土)
やるべきこと、やりたいことはたくさんあるのだけれども、
なぜかそれ以外のことで、休日の予定は上書きされてしまう。

 

・2018年6月29日(金)
半年間に渡るプロジェクトを終え、解放感に溢れた金曜日の帰宅途中、
ふとカバンが軽いことに気付いた。
・・・やはり、PCがない・・・。顔面蒼白。
寄り道をしたわけではないのが不幸中の幸いで、
だとすれば社内に忘れたに決まってる。
残業中の同僚に連絡をとり、我がPCの所在を確認してもらい、月曜まで保護していただくことに。
飲み歩いた先で失くしたりしたら、危うくクビになるところだった。

 

・2018年6月28日(木)
いまだにチェロのA線を、咄嗟に「四の糸」と呼んでしまうことがある。
勿論、三味線に「四の糸」はあるはずないのだけれども。

 

・2018年6月27日(水)
他人から見える部分よりも、見えない部分の体毛に、
白いものが混じっていることに気付いたときの方が、
なんだかしみじみと加齢を感じる。

 

・2018年6月26日(火)
最近恒例なのだが、まだ今日も仕事を家に持ち帰ってしまった。
会社でダラダラとやるのがイヤなので、だったら家で、、と思うわけなのだが、
家だともっとダラダラしてしまうという罠がある。

 

・2018年6月25日(月)
とても弾けないだろうと思っていたバッハの「トッカータ ハ短調」も何とか形になってきたし、
チェロも念願のバッハの無伴奏に入ったし、まぁ三味線と義太夫はぼちぼちだけれども、
40代半ばのおっさんにしては頑張ってるのではないだろうかと、
たまには自分を褒めてみる。

 

・2018年6月24日(日)
自動改札のICカードをかざす部分に、Suicaではなく切符をかざして、
なかなか中に入れない人がいたのだが、
急いでたので正解を教えてあげられなかった。反省。

 

・2018年6月23日(土)
一度仕事のスイッチが入ってしまえば、
そこから先の集中力は誰にも負けない自信はあるのだが、
そのスイッチがなかなか入らないのが問題。
そういうときはスイッチが壊れたことにして、修理屋が来るまで待つしかない。

 

・2018年6月22日(金)
土日は家で仕事が確定したときの、
アルコールでは洗い流せない金曜の夜の悲愴感。

 

・2018年6月21日(木)
電車で見かけたポスター。
このセンス、かなり好きかも。
たまり水チェックで「蚊(か)」も無く「孵化(ふか)」も無し!!

 

・2018年6月20日(水)
実は地震予測研究に使われている公の費用は極めて少なくて、
大部分の地震関連予算は「起きた後のデータ分析」に専ら費やされている。
しかも天下り団体で。
御用学者たちが「起きた後の地震」を語る時に矢鱈と雄弁なのは当然のこと。

 

・2018年6月19日(火)
朝起きても高熱が続いていたので欠勤したのだが、
薬を替えたら劇的に良化して、午後から出社できるほどに。
やはり喉がウィークポイントだな。

 

・2018年6月18日(月)
高熱のため一日中寝ることしかできず。
暑かったり寒かったり、不思議な夢に襲われたり、不快な睡眠。

 

・2018年6月17日(日)
夜からみるみる体調が悪くなり、
結局明け方に発熱。
経験的には、たぶんこれからどんどん熱が上がる予感。

 

・2018年6月16日(土)
声楽にせよ楽器演奏にせよ、
冒頭の音のまさに立ち上がりをどう鳴らすかについての難しさは、
筆舌に尽くしがたい。

 

・2018年6月15日(金)
今更ながらの教訓:
「家と駅との間に踏切がある場所には住んではいけない」

 

・2018年6月14日(木)
『仮名手本忠臣蔵』の七段目「一力茶屋の段」のDVDを観ていたら、
不覚にも寝落ちした・・。さすがに長すぎる。

 

・2018年6月13日(水)
「明日から本気出す」と自らに言い聞かせながら、
今週はもう半分終了か・・。
本気の神がまだ降りてこない。

 

・2018年6月12日(火)
今日は44回目の誕生日だったが、それよりも米朝会談。
為替の問題もあり注目していたのだが、
狐と狸の化かし合いまでもいかぬ、限りなく茶番に近い予定調和。
さすがに市場も騙されず、ドルの上昇も一時的だった。
すべては習近平が描いたシナリオ通りな気もするし、
いずれにしても隣国の割には日本は完全に蚊帳の外。
おっと、自分はシャンシャンと同じ誕生日か(笑)

 

・2018年6月11日(月)
梅雨だし台風だし蒸し暑いし、おまけに電車は混んでるし、
週の頭からロクなことがない。

 

・2018年6月10日(日)
店の入り口に屋根(庇)があるかないかは、かなり重要。
近くのコンビニにはそれがないので、
傘を閉じて入店するまでの間にどうしても濡れてしまう。
ローソンさん、頼んます。

 

・2018年6月9日(土)
この時期になるとよく目にする「ブユ」(または「ブヨ」)の語源がよく分からない。
「ブ」は羽音なのかと思ったけど、ハエやカと違って羽音はしないし。
いつか本気出して調べるかな。

 

・2018年6月8日(金)
梅雨が本気を出すのは来週からだそうなので、
僕の仕事の本気モードも来週から。

 

・2018年6月7日(木)
数年前まで、男子プロゴルフの仕事に関わっていたので、
K山選手の悪評は聞いてはいたけれど、
たぶん今回のケースは、スポンサーの横暴でしょ。
スポーツにおけるスポンサー側とスポンサード側との関係を考え直す、
よいきっかけになればいいのだけれど、
最近のマスコミは「悪者」を作りたいだけだから、まぁ無理だろうな。

 

・2018年6月6日(水)
梅雨は始まりも終わりも分かりやすいし、
小町の歌ではないが、「長雨」(=眺め)のような独特な情緒もないわけではないので、
そろそろ季節のひとつとして認定し、
「五季」としてもよいのではないか。

 

・2018年6月5日(火)
夜なのにアスファルトの上を歩き回っているアリを見ると、
あぁ、お前も残業か、と微笑ましく思えてくる。

 

・2018年6月4日(月)
今朝は、電車の混雑時間を避けて、
ゆっくり読書しながら出勤しようと思って家を出たのに、
肝心の本を家に忘れるというサザエさん状態。
青空文庫アプリのお蔭で活字欠乏症にはならなくて済んだが。

 

・2018年6月3日(日)
毎日欠かせなかったビール&日本酒だが、
糖質という面ではどうも体によくなさそうなので、
最近は控えることにしたら、少し太りにくくなった気が。
今後も、主力はワインでいこう。

 

・2018年6月2日(土)
急に思い立って、初夏の鎌倉散策。
とにかく食べた。詳細は別記事アップ予定。

 

・2018年6月1日(金)
久々に深夜タクシーで帰宅したのだが、
新宿から川越街道に出るまでの道順が神懸ってた。
高円寺交通の運転手さん、good job。

日記カテゴリの最新記事