diary 2018/07

diary 2018/07

・2018年7月17日(火)
さそり座にある球状星団M4は、地球から7,000光年ぐらいしか離れていないのに、
星団内には130億年前に誕生した星があるというのが、
どうも腹落ちしない。

 

・2018年7月16日(月)
ワイングラスを割ってしまった。
サイゼリヤで「トロフィエ」というショートパスタを知った。
南東の空で、火星がやけに赤かった。

 

・2018年7月15日(日)
これだけ暑いと、赤だろうと白だろうと冷やさなくてはワインを飲めない。
とはいえ1日で2本近くは、少し飲み過ぎなのかな・・。

 

・2018年7月14日(土)
冷房の下で頭をクールダウンしながら、
「色即是空 空即是色」と量子論の類似性について考えてみる。

 

・2018年7月13日(金)
あれだけ大騒ぎした米朝会談から1ヵ月が過ぎたわけだが、
あぁそんなこともあったね、、という感じで何の結果も生まないことはあり得る。

 

・2018年7月12日(木)
年甲斐もなく、ビールのつまみにカラムーチョを食べたのだけれど、
さすがに一袋はムリだった。

 

・2018年7月11日(水)
同僚に「休みの日は何するの?」と聞かれ、
「ピアノもチェロもバッハを・・・」とは言えない。
何となく、言えない。

 

・2018年7月10日(火)
若干職場環境が変わったせいか、
例によって喘息気味なのと、肩コリがヒドい。

 

・2018年7月9日(月)
人生にはいろいろな決断を迫られる場面が多々あり、
得てしてそれらは、思いがけずやって来る。

 

・2018年7月8日(日)
22時30分ごろ、東の空に妙に靄っぽく光っている星があり、
火星ほど赤くはなかったので、きっとアルタイルだと思う。
ちなみに靄がかっていたのは、自分の眼の方かもしれない。

 

・2018年7月7日(土)
おそらく人生って奴は、ある年齢までは足し算、ある年齢からは引き算で進行する。
その境目は過ぎ去ってから気付くのだろうけれども、
要は引き算フェーズが始まるまでに、全部引かれてもマイナスにならないぐらいの、
蓄えをしておくことが大事だということ。
勿論これは、経済的な話ではない。

 

・2018年7月6日(金)
今朝メトロで、テロの警戒をしている云々、と言っていたのは、
死刑執行の関連か。納得。
ただ、あの事件は通常の犯罪と同列に語ることはできず、
哲学、宗教学、政治学、等々、様々な視点からの総括が必要なわけだが、
それを誰の責任の元で行うのか。
ただただ、風化していくというだけでは済まされない、
非常に根深い問題を孕んでいることは間違いない。
・・・おや、こんな時間に誰か来たようだ。

 

・2018年7月5日(木)
同じ時間を過ごすとトイレのサイクルも同じになるのか、
それとも同じ空間にいると生理現象が同期するのか、
今日、会社のトイレで3回も同じ人に会ったわけなのだけれども。

 

・2018年7月4日(水)
IT企業が上場するのは、「ナスダック」。
IT企業で働く俺らは、「汗だっく」。

 

・2018年7月3日(火)
南北線・飯田橋駅の、「まもなく電車が参ります」という録音のアナウンス、
冒頭の「ま」の字の母音が強すぎて、いつもビクっとする。
浄瑠璃をやっていると、そんなことも気になってしまう。

 

・2018年7月2日(月)
先々週につづき、またもや週頭に発熱。
朝はそこそこだったけど、強烈な夏の陽射しを浴びたらやられた。
エアコンも寒いし、夏の体調管理は難しい。

日記カテゴリの最新記事